FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
なんだか良く解らなくなってきた家造り
2012年、DGHの導入目的は、疑い、疑問の払拭・・・

お客様にお勧めする以上、、自分が心底納得しなければ自分の言葉で語れないから・・・

この時から自ら厨房に立つ日々が続きます。

試行錯誤しながら、料理の楽しみ方を学んでいます・・・

もう6年なんですねー・・・

IHを使い始めたころ、その便利さから天ぷらを揚げることを学びました・・・

いま考えると、機器の性能によって誰でも失敗なく料理ができるというものでしたが・・・

グリルで魚を焼いても失敗しらず・・・

忙しい主婦(主夫)のための便利な味方・・・



今回のセミナーで忘れ去られていたそんな記憶が一気に蘇りました。


IHから離れて6年ということになりますが、更なる進化にも驚かされます・・・

温度センサーの更なる充実によってほぼ吹きこぼれないという麺ゆで機能があったり・・・

IHとは関係ないのですがグリル&オーブンの性能がとにかく凄い!

何より価格が凄い!

今回お披露目された料理は、キンメダイの煮つけ、カレーの煮つけ、鶏ステーキ、だし巻卵など・・・

手の込んでそうな料理ですが、進行中は「簡単です!」の連発・・・

今の自分にしてみれば、どの料理にどのボタンを選ぶのか???

そっちの方がよっぽどめんどくさく感じますけど・・・

002_R.jpg


























ちなみにこの機種の価格は462,000円

1462_R.jpg

















今月納めさせていただきましたDGHですが、6年前と全く同じフォルム・・・

仕様変更を必要としない完成度の高さを物語っています。価格は278,000円



さて、今回のセミナーで違和感を感じたのが、掲げられたコンセプトと提案されている内容・・・

「キッチンを充実させて料理を楽しもう・・・」

ということですがプロの味をボタン一つで再現できるそんな機器をつかった料理で本当に楽しくなるのでしょうか・・・

確かに最初は面白いかもしれませんがこれで料理が好きになりますか?


自分で火加減して作った料理の満足度はとても高い・・・


昔から家の中に「かまど」があったように、家にどんな加熱機器を設置するかはとても重要・・・

かまどの発展として「やはり直火‼」とガスを推奨するケースもありますが、空気環境、温熱環境を考えると歩が悪い・・・

便利便利の言葉が先行しているだけでどれだけの人が使いこなせるのか???

理想と現実をわきまえないと失敗するだけ・・・

昨今の家造りは、従来からあった「理想」とはまた違った「理想」に惑わされている感が強い・・・


キッチンメーカーのコンセプトブックは、このキッチンを使えば誰でもお洒落な料理ができると錯覚する作り・・・

“お洒落”とは料理の味とは別物。“お洒落”というボタンはありません・・・

最後はその人の“センス”ですよね・・・



この日、セミナーうわの空で、こんなことを思っていました・・・

参加していたメンバーが「凄い!凄い!」と高揚する中、確信したことがあります・・・

6年前DGHを導入せず、IHを使い続けていたら・・・

料理を作り続けている今の自分はなかっただろうと・・・

「疑い、疑問が払拭されたか?」

当初「遠赤外線」という言葉に引っかかっていたのは事実・・・

調理し続ける中で、「これが遠赤外線の効果だな・・・」と感じることも多くあります。

あまり深く考えず、作った料理が美味しければそれで良いと思います。

後悔するところはありませんし、ごはんは絶対「美味い」です(^^)/



スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.