FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
実は「農薬使用大国」
とあるテーマを調べていると、関連する様々な問題に遭遇します・・・

表題の件ですが、なんと世界第三位なんだそうです(◞‸◟)

更には、国が定める残留農薬の基準も世界的にかなり甘いそうです・・・

シロアリに対する薬剤成分などでも、我が国で安全と言われているものが、EU諸国では、何年も前に使用禁止となっているものもあります(◞‸◟)

実際に、化学物質過敏症(CS)の人などは、体がその危険度を察知することができますが、私にはそこまで察知することはできません(◞‸◟)

「安全」と公表されていることを信じて使用しています。

この問題は、非常に奥が深く、自分でもどうしてよいものか良く解りません(◞‸◟)



さて、農薬問題ですが、我が国には我が国なりの見解があるようです。

国土が狭い上に、高温多湿の気候・・・

簡単に「オーガニック」とはいかない現状だそうです(-_-;)

「オーガニック」とは、有機農産物のことで、化学的肥料や農薬を使わない、更には遺伝子組換え技術を使用しない作物。

農地に関しても3年以上これらが関わっていないことが条件・・・

国土の狭い日本において、農地に関しても問題があるようです(・・?

隣接する農地からの農薬の移行だそうです。

オーガニックのつもりだったのに、本当の意味での「オーガニック」でないということですね・・・

驚きは、日本の有機農家のシェア・・・

世界最低レベルで中国より少ない(◞‸◟)

大手スーパーの「イオン」は、フランスのオーガニックスーパー「ビオセボン」と提携し、合弁会社「ビオセボン・ジャパン」の運営を開始、売上を伸ばしているとか・・・


「国産」にこだわる意味が良く解らなくなっています。(◞‸◟)



「食」に関しては、間違いなく人々の関心が高まっています・・・

「住」に関しても、動きは感じます・・・

しかし、言葉だけで安心してしまう世界・・・

「オーガニック」を「無垢材」とか「天然木」と置き換えると何となく同じかなぁと思います(-_-;)

ただ、世界には、フランスの「ビオセボン」、アメリカの「ホールフーズ」、オーストラリア、ベトナム・・・

「オーガニック」が当たり前の環境に成っているにも関わらず、「住」は、逆行している(・・?

初めてアメリカの大型ホームセンターを訪ねたころ感じたのは、無垢の建材シェアが多かったこと・・・

それが年々減り、工業製品になっています。・・・ここ最近のドイツでも見受けられました(◞‸◟)

話がそれましたが、表題の件は、様々な事案の発端に関わることと思っています・・・



住宅のあり方について、お伝えしたいことはたくさんあります。

皆さんの関心の高さもかなり向上していることに間違いありません・・・

ただ、クオリティーと「お金」のバランスが問題で、全ての方に受け入れられるには無理を感じます・・・

何らかの方法を見出すのが使命と感じる今日この頃です(-_-;)






スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.