FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
塗装の話
006_20170402235919623.jpg

















工務店としては、非常に申し上げにくい話ですがあえてお伝えします・・・

写真は、軒天井に断熱塗料「スピンオフ」を塗るための下地塗装の途中です。

基板は、塗料の吸い込みが激しい防火板なので既にシーラー処理がなされています。

「シーラー」とは、下地の特性に合わせ、上塗り塗料を密着させるための塗料です。

覆い隠すというイメージ・・・

「プライマー」という塗料もありますが、これは密着しにくい素材を互いの仲持をする接着剤の役目をします。

写真は、「フィラー」と呼ばれる塗料で、粘性が高く、基板の不具合を補うことを目的とした塗料・・・

シーラーの効果もありますが、何らかの下地処理が必要です。

ですから一般的には、塗り替えの際用いられる下塗り材がこの「フィラー」となることが多いです。

さて、写真のアップを見てください・・・

007_20170403001811f57.jpg

















一回塗っただけでは、この程度しか塗り付けられません・・・

一般的な塗装やさんは、「下塗り1回、上塗り2回、計3回塗り」と言います・・・

塗料メーカーは、“回数”は問いません。

必ず、㎡あたりに必要な分量を指定しています。

この場合2回塗ると・・・

011_20170403002344e05.jpg

















こんな感じに下塗りが出来上がります(^^♪

これなら上塗りもしっかり乗ってきますから・・・

そんな訳で、弊社の塗装工事は、基本自社責任施工!

手間も、材料も食います・・・

結果、工期も伸びます・・・

と言うのも、2回目の塗装が、その日にできない場合もあるからです。

材料も、「安い物」ではなく「良い物」を厳選するのではっきり言って高いです。

材料やさんに相談しながら決定したりしていますが、そのチョイスには、太鼓判をくれます。

正直、値段重視で目的に合ってない塗料を使う塗料やさんが多いと嘆いています・・・



良く、役所や消費者センターなどで、「住まいの塗り替えセミナー」等開催していますが、こんなことを指摘することはありません。

「何社か、合い見積もりを取ることが望ましい・・・」的なことを言っているだけです・・・

そもそも、建物の実面積を見積りに反映している会社が、自分の認識上ありません・・・

と言うことは、適正な材料の量さえわからないということです・・・

正直、自分も最初は、良く解っていませんでした・・・

断熱塗料「スピンオフ」を施工するようになって理解しました。

今は、この考えを解ってくれる塗装やさんとのお付き合いも始めています。

地道に行きます・・・


スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.