FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
ナラ材とカシ材の大きな違い 其の二
共に「オーク」と呼ばれる、ナラとカシの共通点は、「放射組織」が明瞭であること・・・

大きな違いが、導管の分布形態・・・

木材は、成長過程で不要となった空隙(導管など)を「チロース」と言う成分で埋めていきます。

これが「心材」です。

心材部は、成長に連れて大きくなります・・・

「辺材」と言われる部分の空隙は、柔細胞と言われる成長に必要な養分に満たされています・・・

辺材部が、虫や菌に侵されやすいのは、この養分が栄養源となるためです。

さて、「オーク樽」の話に移ります・・・

この場合の「オーク」は、ナラ、カシどちらでしょうか???

答えは「ナラ」。

ワイン・ウィスキーの熟成に、導管に詰まった「チロース」が必要不可欠なんだそうです。

還孔材であるナラ材の心材を柾目取りすると全ての板に導管が並びます・・・

そんなこと誰が見出したんでしょうね・・・

まだまだ続きます・・・




スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.