FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
モミの木は消えた?いや、「樅の木は残った」残っています!
034_20170209213538f63.jpg
















昨日の朝日新聞、朝刊の記事・・・

気になるキーワードが目についたのでウキウキしながら読みいったのですがちょっとがっかりでした・・・

本質が伝わってきません。

目の付け所は良かったと思うのですが・・・

わざわざドイツまで取材に行ったのでしょうがこれでは取材先の「エシュテル」さんにも失礼というもの・・・

IMG_7488.jpg
















この「エシュテル」という会社は、昨年ドイツ視察でお邪魔した会社!

社長さんにもお会いさせていただきました(^^♪

IMG_7481.jpg
















こちらが日本企業から発注を受けている「卒塔婆」用のモミの板・・・

「ソトウバ」と読みます。

タイ語の「ストゥーパ」が語源とか・・・

「ソトバ」でも間違いではないようですが、語源からすると「ソトウバ」でしょう・・・

「エシュテル」が扱う木材は、全て欧州モミと聞いています・・・

トウヒではないはずなのですが・・・

IMG_7454.jpg
















記事では、本来国産の樅が使われる卒塔婆に“輸入材”が使われている・・・

とありますが、卒塔婆の製材所は、国産の樅が手に入りにくくなってから世界中の樅を模索し、ドイツの「欧州樅」を探しあてたのです!

涙ぐましい努力の末、今、欧州樅が日本の仏教、神事を支えている訳です。

記事は続きます・・・国産の「杉」を使った新しい卒塔婆の導入が始まっているとの話・・・

何でもかんでも「国産」にこだわる姿勢ってどうなんでしょう・・・

「卒塔婆」は「樅」と決まっている!

お札や、絵馬も「樅」。

結納台も「樅」。

かまぼこ板だって「樅」じゃなきゃダメなんです!

その意味をしっかり理解すべきではないでしょうか・・・

そもそも、輸入材、外材などと線引きすることがナンセンス!

ドイツの森林管理の素晴らしさを知ればそんなこと言えませんよ・・・

杉の卒塔婆が一般化する様なことになれば、歴史の継承に歪みが生じるような気がしてなりません・・・

「日本の森を守るために役に立ちたい」

日蓮宗の僧侶の発案だそうです・・・

日本の林業の活性化は、もちろん大切だと私も思います・・・ですがちょっと違いませんか?

スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.