FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
リクシルリフォームフェア2016で思うこと
2383.jpg

























今回ビッグサイトで開催されたリフォームフェアは、完全にエンドユーザー目線に対応したものでした・・・

ある意味、大変勉強になったのですがお客様が可哀そうになります・・・

こんな事言ってるとメーカーさんに叱られますが、誤解しないでください、あくまで個人的な考えであって“批難”では有りません。

フェアに参加されているお客様は、そこそこの予算を持つ方がほとんど・・・

良いと感じられれば、多少高くても採用されるケースが見込まれているようです。

某大手ハウスメーカーもバスを仕立ててお客様を大量に送り込んでいます・・・

一般的なリフォーム店や工務店の担当者もお客様にベッタリ張り付いて新商品のアピールに余念がありません。

私は一人で参加したのですが、もしお客様をお連れしていたら「考え方は良いかも知れません。しかし実際は・・・」

なんて説明ばかりになってしまうでしょう・・・

多くのお客様と接する場合、マニュアルに沿った営業が必要で仕事として割り切りることが大切。

私の場合、ピンポイントのお客様とのお付き合いが基本なのでマニュアルはありません。

割り切ることも出来ないです。

良い例が写真にある展示・・・

2382.jpg















断熱の重要性を訴えた上で既存の部屋ごとにシステム化された部材を組み込んでこんなに快適な部屋に成ります!

と言った感じ・・・

箱の中は適度に冷やされていて合板フローリングが置かれています。

半分は、特殊な断熱材を密閉包装し、空気を抜き取った「真空断熱材」を敷いて仕上げの合板フローリングを置いてあります。

もちろんその差は歴然・・・

「えっ!凄い」、だまってうなずく、大抵のお客様が納得している様子・・・

床暖房ではないので発熱はしないなどの説明もありません・・・

良い所ばかり紹介して、懸念される部分には一切触れない・・・

「選んだのは貴方でしょ」的な・・・

下のフローリングも上のフローリングも同じ物なので意味不明です。

この実験装置の興味は、合板フローリングと樅フローリングの断熱の違いを知るのに最適だなぁってところ・・・

結局言いたいのは“そこ”でした☆

全体的には、空間のデザインなど参考になるところは多かったです。

リクシルさんありがとうございました♪
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.