FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
三りんぼう???
067_20140707224443a2b.jpg
























カレンダーを見ていて「三りんぼう」と書かれている日がありますよね・・・

漢字で書くと「三隣亡」です。

建築に関する最凶日で「この日にことを興すと三軒隣りまで亡ぼす」という恐ろしい日・・・

基礎工事の着工や棟上げはこの日を避けるのが無難とされています。



8月お盆明けから着工予定の土地での地鎮祭の段取りでの話です・・・

お客様より8月3日(日)のご希望がありました。

この日は友引で正午以外は吉とされる日なのですが三りんぼう・・・

神主さんにお伺いしたところ地鎮祭を執り行うには問題ないとのご回答があったのですが改めて少し調べてみました。

「三隣亡」自体明治以降の言い伝えで江戸時代には漢字では「三輪宝」と書き建築に関して万事よしとされていた日であることが分かっているようです・・・

明治になってから「・・・よし。」が「・・・あし(悪し)。」となってしまい「三隣亡」といういかにも悪そうな漢字が当てられてしまったとの説が有力なようです。

なんとも迷惑な話です・・・

余談ですがこの様な話は他にもあります・・・

木材の「ナラ」と「カシ」が全く違う木にも関わらず我が国では共に「オーク」と称されています。

本来「ナラ」のみを「オーク」と称すのですが明治時代の翻訳家が「カシ」としてしまったため現代でもその間違いが色濃く残ってしまっています。



お客様に同様のお話をお伝えしたところ「やはりあまり良い気持ちがしない・・・」とのことで別日程を検討中です。

結局は解釈次第で神主さんが言うように何の問題もないかもしれませんが、当事者がどう感じるかが大切なことです。

今回は日を替えて正解!

良い方向に進んでいます♪



スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.