FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
人間国宝 伊藤赤水 作 無名異練上花紋角皿
051_201310061234416c2.jpg


















人間国宝とは、文化財保護法第五十六条の三の規定による重要無形文化財の保持者のこと

文部科学大臣から認定されるのだそうです。

陶芸家・五代伊藤赤水・・・

今から10年前、六十二歳という若さで「人間国宝」に認定されています。

人間国宝とは、伝統という枠組みの中で技法や作品を保存、継承していくという

いわば「義務」のようなものが発生したということのようです。

五代伊藤赤水の代表的技法は、「窯変」と「練り上げ」

写真は、「練り上げ」の技法が取り入れられた作品です。

訳あって「樅の木の家」に展示しています。

この練り上げについて簡単に説明すると

色の違う土を重ねあわせて、金太郎飴状のものをつくり、

切断面を見せるように並べ形を整えていくのだそうです。

色の基本は、赤、白、黒の三色が基本。

一つの作品ができるのに、二か月ほどかかるそうです。

ただし、製作者にとっては、この過程がどうのというより、

あくまでも作品の持つ素材感や表情を素直に受け止めて欲しい・・・

というような気持ちであることをうかがいました。

自分などは、ついついその過程の大変さを伝えたくなったりしますが

芸術家たるものそのような気持ちでは、続かないということでしょうか?

身に染み、心が研ぎ澄まされる思いです。





スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.