FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
新月と言えば・・・
142.jpg
















(参考写真 ドイツ シュバルツバルト推定樹齢150年以上のモミの木の伐採)

建築業界で新月と言えば、「新月伐採」。

月のサイクルの最後の1 / 4 の期間に伐採した木は、

虫が付かず、腐りにくく、さらには木が暴れず、火事にもならない・・・

いいことづくめです。

いくつかの条件があるようです。

  ①季節は、秋から冬にかけて

  ②木を谷側に倒す

  ③葉枯らしを行う
 
  ④天然乾燥を行う

こんなところでしょうか・・・

条件が求められるその理由を考えてみました。

  ①木の成長が止まる時期で、害虫等の活動も緩やかになる?

  ②木には二種類の水分が含まれています。
   辺材部の自由水は、短期間に含まれたもので抜けやすいので伐り口を上にすることで
   水分を蒸発させる?
   心材部の結合水は、抜けにくく、木材の耐久性を高めるための養分を作り出します。
   重力に逆らって立っていた状態を天地をさかさにすることで、その行為を継続させ、
   木の耐久性を高める?

  ③葉っぱを付けた状態で葉から水分を抜く?

  ④成分を温存するため!

②に関しては、木材を長期保管する時同じ方法がとられているので間違いないと思います。

実際の効果はどうあれ、ロマンですかね・・・


スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.