FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
樅の木の床「フォレストキング」の優れた特性
1481_R.jpg

















毎度おなじみの樅の木実験・・・

素材の熱伝導について考える実験ですが、見方をちょっと変えてみてみましょう・・・

冷凍庫から取り出した二つの素材・・・

合板フローリングと樅の木フローリング「フォレストキング18Au」

両者の表面温度は同じなので、同じ量の「結露水」が表面に発生します・・・

しかし実際に結露水が現れるのは合板フローリングのみ・・・

1486_R.jpg

















1487_R.jpg

















樅の木の表面に結露水は確認できません・・・

結露水は、既に内部に取り込まれ、しっとりとした感じ・・・

当然、含水率は高まっています。

実は、ここがポイント‼

樅の木に付いて「蓄熱効果」を謳いますが、本来木材が蓄熱材に向かないことは、有識者の間では常識とされています。

また、水の蓄熱効果が高いことは有識者ならずとも、広く知られています・・・

樅材(柾目材)は、多くの水分を瞬時に取り込むことにより、自らを蓄熱材に変えていると考えられます。

このことより、冬場の室内で、十分な湿度が得られない場合、樅の木の含水率も低下し、蓄熱材として働きにくくなっていると思われます・・・

実際冬場の建築現場の樅材は、温まりにくく素足で歩いていられません(^^;)

一方、夏場の樅材は、何もしなくても十分な含水率が保たれるためか、冷房効果が高まることは実証済みです。

柾目の樅材は、想像を絶する水分を保有することができます。

冬場の加湿は、湿度計の数値が「これ以上、上がらない‼」というところまで続けることが理想・・・

そうすることで室温も上昇し、より快適な生活を送れることでしょう(^^)/

実験に戻ります・・・

フローリング表面を触ったときの手に感じる冷たさの変化は、

一方は、結露水が板の温度で冷やされ続けることによって冷たく感じ、

もう一方は、素材が吸収した水分が手の熱によって暖められたことにより冷たさを感じなくなったといえます。

熱伝導率の問題だけでなく、蓄熱の根拠を知る良い実験だと改めて思いました(^^♪





スポンサーサイト
なんだか良く解らなくなってきた家造り
2012年、DGHの導入目的は、疑い、疑問の払拭・・・

お客様にお勧めする以上、、自分が心底納得しなければ自分の言葉で語れないから・・・

この時から自ら厨房に立つ日々が続きます。

試行錯誤しながら、料理の楽しみ方を学んでいます・・・

もう6年なんですねー・・・

IHを使い始めたころ、その便利さから天ぷらを揚げることを学びました・・・

いま考えると、機器の性能によって誰でも失敗なく料理ができるというものでしたが・・・

グリルで魚を焼いても失敗しらず・・・

忙しい主婦(主夫)のための便利な味方・・・



今回のセミナーで忘れ去られていたそんな記憶が一気に蘇りました。


IHから離れて6年ということになりますが、更なる進化にも驚かされます・・・

温度センサーの更なる充実によってほぼ吹きこぼれないという麺ゆで機能があったり・・・

IHとは関係ないのですがグリル&オーブンの性能がとにかく凄い!

何より価格が凄い!

今回お披露目された料理は、キンメダイの煮つけ、カレーの煮つけ、鶏ステーキ、だし巻卵など・・・

手の込んでそうな料理ですが、進行中は「簡単です!」の連発・・・

今の自分にしてみれば、どの料理にどのボタンを選ぶのか???

そっちの方がよっぽどめんどくさく感じますけど・・・

002_R.jpg


























ちなみにこの機種の価格は462,000円

1462_R.jpg

















今月納めさせていただきましたDGHですが、6年前と全く同じフォルム・・・

仕様変更を必要としない完成度の高さを物語っています。価格は278,000円



さて、今回のセミナーで違和感を感じたのが、掲げられたコンセプトと提案されている内容・・・

「キッチンを充実させて料理を楽しもう・・・」

ということですがプロの味をボタン一つで再現できるそんな機器をつかった料理で本当に楽しくなるのでしょうか・・・

確かに最初は面白いかもしれませんがこれで料理が好きになりますか?


自分で火加減して作った料理の満足度はとても高い・・・


昔から家の中に「かまど」があったように、家にどんな加熱機器を設置するかはとても重要・・・

かまどの発展として「やはり直火‼」とガスを推奨するケースもありますが、空気環境、温熱環境を考えると歩が悪い・・・

便利便利の言葉が先行しているだけでどれだけの人が使いこなせるのか???

理想と現実をわきまえないと失敗するだけ・・・

昨今の家造りは、従来からあった「理想」とはまた違った「理想」に惑わされている感が強い・・・


キッチンメーカーのコンセプトブックは、このキッチンを使えば誰でもお洒落な料理ができると錯覚する作り・・・

“お洒落”とは料理の味とは別物。“お洒落”というボタンはありません・・・

最後はその人の“センス”ですよね・・・



この日、セミナーうわの空で、こんなことを思っていました・・・

参加していたメンバーが「凄い!凄い!」と高揚する中、確信したことがあります・・・

6年前DGHを導入せず、IHを使い続けていたら・・・

料理を作り続けている今の自分はなかっただろうと・・・

「疑い、疑問が払拭されたか?」

当初「遠赤外線」という言葉に引っかかっていたのは事実・・・

調理し続ける中で、「これが遠赤外線の効果だな・・・」と感じることも多くあります。

あまり深く考えず、作った料理が美味しければそれで良いと思います。

後悔するところはありませんし、ごはんは絶対「美味い」です(^^)/



なんだか良く解らなくなってきた家造り
008_R.jpg

















昨日(2018/8/27 17:00~19:00)、リクシル横浜みなとみらいSRで行われた「キッチン体験セミナー」に参加しました・・・

最新のIHクッキングヒーターを使ったセミナーと聞いていたので、全く興味なかったのですが、担当営業くん曰く

「DGHのデモに生かせるのでは・・・」

う~ん・・・

まぁ、最新の動向を知っておくのも悪くはないかな・・・

あと、担当営業くんも「山下工務店はDGH」ということを理解してくれていることだし「協力」といったところでしょうか・・・



2002年からオール電化に取り組み、加熱機器は、松下製IHクッキングヒーターを採用してきました。

2006年、弊社樅の木の家が完成した際、加熱機器は、日立製IHクッキングヒーターでした・・・

その後日立製を標準仕様として採用するのですが、

実は、この年にDGHの前身である「MFG スーパーラジエントヒーター」のデモが弊社樅の木の家で行われていました・・・

IHが電磁波問題を抱えていたことは重々承知していましたし、さほど気にすることもなく、調理に関する“利便性”に魅かれていましたのでスーパーラジエントヒーターに対する興味が増すことはありませんでした・・・

その後、DGHが誕生するのですが、この頃には「電磁波過敏症」なる症状を訴える人が現れ始めていました・・・

「健康な住い造り」を謳う、樅の木の家の加熱機器が健康を害するかもしれない機器であってはならないという思いが増幅し、

2012年、遠赤外線クッキングヒーターDGHの導入に至りました・・・

つづく













夏休み 2018 「ダイジェスト」
2018/8/10~8/15

ご紹介したいことは山ほどありますが、

とりあえず写真だけ見てください(^^;)

256_R.jpg

















281_R.jpg

















430_R.jpg


























329_R.jpg


























415_R.jpg

















782_R.jpg

















496_R.jpg

















769_R.jpg


























767_R.jpg


























756_R.jpg


























750_R.jpg

















8/15 午前1時20分、この後2時10分出航の「ときわ丸」が着岸‼

佐渡とお別れ・・・

ちなみに両親はこの後もしばらく佐渡に滞在し、8/21に上越新幹線を使って帰ってきました。

新潟には、夜明け前の4時40分に到着、コンビニで朝食を買い込み、ひたすら我が家を目指しました・・・

渋滞に巻き込まれることもなく、地元のスーパー銭湯に立ち寄ってから我が家に帰り付きました(^^)/


夏休み 2018 「今回の目的」
2018/8/10

今回の荷物の中に、ガス給湯器が積まれています・・・

昨年、両親が帰省した際、内部のパンクで使用できななったことが分かっていたのでまずは、給湯器の入替作業を行います・・・

手慣れた作業なので難なく終了するも、新たな問題が待ち受けます・・・

給水管の破裂による漏水(^^;)

135_R.jpg


























想定していなかったので、修理するにも材料が無い・・・

一番近いホームセンター「コメリ」までは30Km(^^;)

往復60Kmあるわけで買い忘れが無い様入念に確認していざ出発( `ー´)ノ

所要時間は、片道40分・・・

田舎のホームセンターは大好きな場所でついつい長居しがちですが、今回は早々に買い物を済ませ帰路に付きます(^^♪

心配した買い忘れもなく無事修理完了(^^♪

給湯器のバルブを開くと・・・

「シューッ‼」

まさかの給湯管のパンク(^^;)

こっちの方がダメージが大きい・・・

台所の給湯をあきらめざるを得ない状況・・・

まぁ夏しか使わないので必要ないしバイパス工事決定!

それにしてもやはり新たな部材が必要となり再び「コメリ」へ・・・

30Kmの道のりを経て車を降りて愕然としました・・・

財布がない(^^;)

置き忘れたことは明確でしたが、時間的にも取りに戻るのは不可能・・・

色々考えた末、5,000円の現金を手にすることができました(^^♪

詳細は割愛しなければならない諸事情があるのですが、ひとりの佐渡人の人情によって絶体絶命的窮地を脱することができました・・・

車を預かってくれた佐渡汽船新潟ターミナルのスタッフといい、この件といい、良い人との出逢いに感謝いたしますm(__)m

という訳で何とか買い物を済ませ、晩酌のビールまで購入させていただき、

暗くなる前に修理も完了(^^)/

この夜、無事シャワーを浴びることが出来ました・・・


つづく



夏休み 2018 「佐渡ヶ島」
2018/8/10

爆睡の中・・・

「運転手さ~ん!」の声に起こされ乗船・・・

101_R.jpg

















この日からの臨時便なので多少の余裕を感じるもののほぼ満車状態(^^;)

とは言っても電車がない時間なので船内は比較的空いた状況・・・

一枚100円の毛布を借りて、即睡眠(+o+)

佐渡、両津ターミナル着岸までは、2時間30分・・・


「本船は両津港に入港しました・・・」のアナウンスに起こされると丁度日の出の時刻・・・

甲板に出てみると・・・

067_R.jpg

















良い感じに島が見えます(^^♪

清々しい朝です・・・

083_R.jpg

















そして日の出(^^♪

子供たちは、爆睡中・・・

暑い一日の始まりです(^^)/




夏休み 2018 「長い一日」
2018/8/9

新潟で行われる定例会に向かう車には、私の両親が同乗していました・・・

毎年お盆の時期、両親は故郷である新潟県の離れ島、佐渡ケ島に帰省します・・・

両親を佐渡汽船ターミナルで降し、定例会の待ち合わせ場所の新潟駅に向かいました。



定例会のあと懇親会会場に移動する間に、車を佐渡汽船ターミナルに移動、心優しい係員さんに車を預け、新潟駅近くの会場までタクシー移動(10分くらい)・・・

mominoki house NIIGATA さんのご厚意で二人の子供たちも同席させていただきました・・・

重ね重ね本当に感謝です!

ありがとうございましたm(__)m

懇親会終了後、佐渡汽船ターミナルまでは歩いて移動 ‼

「えーーーっ‼」とうなる子供たちのお尻を叩きつつ歩かせました( `ー´)ノ

030_R.jpg


























30分くらい歩いたでしょうか・・・

佐渡汽船ターミナルに無事到着(^^♪

043_R.jpg

















時刻は、22時20分ころ・・・

次の便は、日が変わっての3時出航なので、乗船時間まで4時間あります(^^;)

寝るには丁度良い時間でした(^^♪


つづく

健康な住い造りの会「樅の木の家」関東 定例会 IN 新潟
2018/8/9

169_R.jpg


























8月の定例会は、新潟で行われました(^^)/

ホストは、mominoki house NIIGATA さんです・・・

アプローチは、雪国の風除室の改良型の様な、使い勝手抜群と思われる設計・・・

164_R.jpg


























内部は、住まいての喜ぶ声が聞こえてきそうなこれまた使い勝手が良さそうな収納満載 ‼

168_R.jpg


























子供のことを考えて造られたであろう“スタディースペース”

今回、訳あって同席した我が子たちも真っ先にこのスペースに落ち着いていました(^^♪


娘のセラは、早朝、我が家を車で出発して新潟に到着する間に、車酔いのため4回の着替えを強いられてきました(T_T)

見学物件に到着した際もいつもどしてもおかしくない状況であり、内覧をあきらめざるを得ないかと思案する中、

皆様の温かいお言葉に甘え、内覧に至りましたが、数分もしないうちに別人かの様な元気な姿に・・・

これも、間違いなく“樅の木効果”だと思っています。

mominoki house の山田社長始めスタッフの皆さま、本当にありがとうございましたm(__)m


日本各地に素晴らしい樅の木の家が出現しています ‼

ワクワクしますね(^^♪





 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。