FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
樅の木の伐採 「斧で伐る」の巻
IMG_7335.jpg

















チェンソーを斧に持ち替え、伝統的な伐採に挑戦!

昨年のドイツ視察の一コマ・・・

IMG_7360.jpg


























それにしても良く伐れる斧です・・・足に当たったら大変なんてもんじゃない。

余計なことですが、使っているチェンソーは、ドイツ製「STIHL」なのに作業着の背中には、ライバル会社、スウェーデン「Husqvarna」のロゴが・・・

IMG_7364_20170331004806983.jpg

















はいっ、伐れました(^^♪

何分かかったかは全く気にしていませんでした(-_-;)

ところで、切り株に斧を刺してますよね・・・

意味を聞いてもらったのですが「無意味」だそうです・・・

何となくカッコいい(^^♪

薪割りの時、真似したのですが、薪割り斧ではこんな風には刺さりません(-_-;)

スポンサーサイト
湘南茅ヶ崎 樅の木の家 足場撤去
014_20170331000446586.jpg















とりあえず予定通り足場撤去にこぎつけました(-_-;)

ここのところの天候不良にやや困惑させられましたけど、雨どい工事もぎりぎり完了・・・

今日の日を無事迎えることが出来ました(^^♪

まだまだやることはいっぱいあります!

束の間の「ホッ」でした・・・

樅の木の伐採
IMG_7290.jpg

























今まで何度かエンジンチェンソーを使ったことはあったのですが、ドイツ視察でも、チェンソー自体に興味を持つことはありませんでした・・・

しかし、自分がチェンソーのオーナーになると、話が変わります!

もっと早く興味を持つべきでした・・・

チェンソーを水平に使うのって結構難しいんですよね・・・

普通に見てましたけど(;´д`)

IMG_7294.jpg

















チェンバーにしっかり「STIHL」のロゴが見て取れます(^^♪

自分が使っているチェンソーの重量は、5kg弱なのですが、写真のタイプだと10kg超!

値段も30万円以上・・・

ドイツだと安いのかなぁ・・・

さて、写真のチェンソーの使い方なんか変だと思いませんか???

樹に突き刺してます!

IMG_7306.jpg


























良く解る写真がなかったのですが、よ~く見ると樹の裏側に棒が突き刺さっているように見えませんか?

実は、樹に穴を空けて、油圧ジャッキをセットしています。

IMG_7307.jpg

















青い物体が、油圧ジャッキ・・・

他の樹を痛めることなく見事に倒れました(^^♪

この樹で、樹齢150年くらいだそうです・・・

次、いつ行けるか分かりませんが、楽しみが増えました(^^♪

グーグル・ストリートビュー(インドアビュー)とは・・・
005_20170326232226a69.jpg


























先週金曜日、グーグル・ストリートビュー(屋内版=インドアビュー)の撮影がありました(^^♪

通常のストリートビューから建物の中にカメラが入り、360°見渡すことができるようになります!

全てが写ってしまうのでちょっと怖い気もしますが、どんな具合に出来上がるか楽しみ・・・

思っていたより実に簡単な撮影に驚きました・・・


カメラはいたって普通のママさん一眼・・・

ただ、レンズは高そうな“魚眼”を使用。

一か所で、時計と同じ12カット(1時の方向から12時の方向)を撮影します・・・

それぞれの場所で露出の違う3カット撮ります。

これを専用のソフトで加工すると同じ明るさのパノラマ写真が出来上がるそうです・・・

二時間ほどの撮影でしたが、ずっ~と張り付いて、根堀り葉堀り質問攻め・・・

さぞうっとおしかったことと思いますが、細かく説明してくださって感謝です(^^♪

ありがとうございました♪




照明器具の改修
001_201703262348544af.jpg















弊社ショールーム「樅の木の家」のブラケット照明・・・

10年前の器具で、調光仕様なので、御覧の通りの口金E26の普通電球。

4連灯なので、400Wの消費・・・

LEDが主流の今、非常に不経済・・・

とは言い、市販のLED電球に交換しても調光タイプだとそこそこの価格だし、不具合も起きやすい・・・

そんな折、ふと思いついたのが、ソケットごと交換しちゃえばいいんじゃない???

で、即実行(^^♪

002_20170326235920f70.jpg















既設のソケットを外し・・・

003_201703270000290ea.jpg















手配した器具のソケットを取り付けます・・・

004_20170327000134a40.jpg















最近のブラケット器具には、こんなボタン型LED電球が付いています。

これで1灯当たり、6.5W、4灯で26W!

調光器も交換したので、当然スムーズな調光(^^♪

白熱電球の温もりとはどうしても違いがありますが、トータルで考えれば妥協せざるを得ない・・・

まぁ「良し!」です(^^♪




空き巣
005_201703212202242d3.jpg


























25年ほど前に弊社で建築させていただいたU様邸・・・

日曜日、午後5時過ぎ、一本の電話・・・

土曜日の夜、空き巣に入られ先ほど現場検証が終わったとのこと・・・

出先だったので、お伺いできる時間が読めず、21~22時には伺うとの約束をしました。

普段は、20時には寝てしまうとのことで、空き巣被害にあった時も就寝中だったとか・・・

留守だと思って入った泥棒さん・・・

寝室の奥様と出くわして慌てて逃げ出したそうです・・・

本当に良かったと思います。

さて、21時まで営業しているホームセンターに駆け込み、使えそうな品々を買い込み、21時半に現場到着・・・

チャイムを押しても、ドアをたたいても一向に反応なし・・・

ご近所の仲良しさんに声を掛けるも、ご在宅のはずとのこと・・・

結局、空振りに終わってしまいました・・・

ガラスが破られたままで不安なので本日中に来て欲しいとのことでしたが、睡魔に負けてしまったようですね・・・

月曜日、朝一番で伺うとまだ寝ておられたようでした・・・

004_20170321221910c3f.jpg


























俗に言う「サムターン回し」。

本錠近くのガラスを破り、内側に手を廻し、サムターンの施錠を解除・・・

上部に補助錠があるのですが、そちら周辺のガラスを破られ同じく解除・・・

大体見当ついちゃうんですね・・・

補助錠一か所ではダメなんですね・・・

対策としては、補助錠の追加にプラスしてガラス交換まで開閉できないようにプレート金物で固定。

ガラスは、防犯ガラスにします。

とりあえず被害はドアの破損だけで済んだようで、本当に良かったです。

それにしても腹立ちますね!



ドイツ・木組みの家から学ぶ
IMG_7708.jpg

























IMG_7678.jpg

























IMG_7686.jpg
















IMG_7688.jpg


























ドイツ・フランクフルトからほど近い、イトシュタインという街・・・

カラフルな木組みの家がたくさん並んでいます・・・

15世紀~18世紀にかけて建設されたものだそうです。

何かのテーマパークの様ですが、普通の街並だというから驚きです(+_+)

IMG_7704.jpg


























街を歩くと、こんな家もたくさん目にします(-_-;)

リフォーム中の建物も・・・

IMG_7690.jpg

















木組みの家の仕組みが良く解る良い状況に出くわしました(^^♪

材はやはり、オークの様です・・・

貴重な木材を無駄なく利用した結果の木組みであると理解できる構造です・・・

どの家も、どこかひねくれたように見えるのも、曲がった木を上手に利用した結果なのでしょう・・・

別に傾いた訳ではなかったようです・・・

更に、上階に行くにつれて床面積が大きくなるのが特徴・・・

上階がせり出した感じになるので傾いたように見えます。

上階に荷物を吊上げるためと言う理由もあるようです・・・

世界最大のワイン樽
IMG_7584.jpg


























それは、ドイツ・ハイデルベルク城の中にあります・・・

現在目にすることができるのは、四代目「カール・テオドール樽」で1751年に作られたそうです・・・

その容量はなんと219,000ℓ・・・

一般的なワイン樽が220ℓくらいなので、約1,000樽分!

もちろん、オーク(ナラ)樽です。

IMG_7552.jpg
















ハイデルベルク城から見た街並み・・・

IMG_7571.jpg
















ハイデルベルク城・・・



ナラ材とカシ材の大きな違い 其の四
ナラ材とカシ材の大きな違い・・・

分かっていただけましたでしょうか???

環孔材とか放射孔材なんて覚える必要ありません。

ナラ材は、ワイン・ウィスキー樽。

カシ材は、ハンマー・ツルハシの柄。

もし、貴方が、ワイン・ウィスキー好きだとしたら絶対に間違えないでください!

「カシ樽」なんて言わないでくださいよ・・・

さて、世界最大のワイン樽がこれです・・・

IMG_7580.jpg


























詳細は、追って紹介します・・・

(ドイツ視察 → ハイデルベルク城)





ナラ材とカシ材の大きな違い 其の三
オーク樽がナラの柾目材であることをご理解いただけたでしょうか・・・

ではなぜ、ナラとカシが混同されるようになったのでしょうか???

我が国の山林には、ナラやカシが数多く自生しています・・・

クヌギやコナラはどこにでもありますが、良質なナラ(ミズナラ)の産地は限られています。

一方、カシ(シラカシ・ウラジロカシ)は、比較的広範囲に分布しています。

カシは、「樫」という字のごとく、堅く丈夫な木なので、昔から農工具に使われていました。

大きくなりすぎたナラは「立木のまま燃やされた」などと聞くほど役に立たない木だったとか・・・

明治時代に入って、ヨーロッパやアメリカの「オーク」が知られるようになりますが、共に“ドングリ”が生る木と言うことからか、カシがまさに「オーク」だと誤解されたまま現在に至っているようです・・・

ちなみに、ヨーロッパでのカシの生育分布は、南ヨーロッパに限られるようですから、フランス・ドイツには生育していないということです・・・

更にヨーロッパでは、オークの葉をモチーフにしたデザインを良く目にしますが、まさに日本のミズナラの葉そっくりです。

現在、学術上では、落葉するナラを「オーク」、常緑のカシを「ライブオーク」と分けているようです。

ヨーロッパやアメリカには良質のナラが多く生育し、建物や船などに利用され、尊重されてきました・・・

日本では、良質のカシが多く育成し、農工具など生活に欠かせないものに利用され、同じく尊重されてきました。

同属の木材故に、この様な誤解が生じたことと理解できます。

しかし、カシ樽で、ワインやウィスキーの熟成は望めないということは、誤解ではすまない事実として広く知らしめなければならないことと思います。

世界三大樽は、ヨーロッパオーク(欧州)・ホワイトオーク(北米)・ミズナラ(日本)です。

ついでに、世界最大のワイン樽は、ドイツ・ハイデルベルク城の中にあります・・・。


ナラ材とカシ材の大きな違い 其の二
共に「オーク」と呼ばれる、ナラとカシの共通点は、「放射組織」が明瞭であること・・・

大きな違いが、導管の分布形態・・・

木材は、成長過程で不要となった空隙(導管など)を「チロース」と言う成分で埋めていきます。

これが「心材」です。

心材部は、成長に連れて大きくなります・・・

「辺材」と言われる部分の空隙は、柔細胞と言われる成長に必要な養分に満たされています・・・

辺材部が、虫や菌に侵されやすいのは、この養分が栄養源となるためです。

さて、「オーク樽」の話に移ります・・・

この場合の「オーク」は、ナラ、カシどちらでしょうか???

答えは「ナラ」。

ワイン・ウィスキーの熟成に、導管に詰まった「チロース」が必要不可欠なんだそうです。

還孔材であるナラ材の心材を柾目取りすると全ての板に導管が並びます・・・

そんなこと誰が見出したんでしょうね・・・

まだまだ続きます・・・




ナラ材とカシ材の大きな違い
このところ週末には、山へ入って薪用樹木の伐採を楽しんでいます(^^♪

ナラ(コナラ)とカシ(シラカシ)が主体・・・

この二種、全く違った趣ですが、ともに「オーク」と呼ばれています・・・なぜ???

そこで、以前よりお話しさせていただいていることと重複しますが、分かりやすく解説させていただきます(^^♪

ナラ、カシ共に広葉樹です・・・

しかし、ナラは、落葉する広葉樹、カシは、常緑(葉っぱの入れ替わりで一時的に落葉します)の広葉樹です。

共にブナ科コナラ属・・・

厳密には、ナラは、コナラ属コナラ亜属、カシは、コナラ属アカガシ亜属として違う分類とされています。

伐採していて、良く理解できるのが、小口(切り口)の形状の違い・・・

ナラは「還孔材」、カシは「放射孔材」。

広葉樹には、もう一つ「散孔材」と言う種類がありますが、その説明は、ここでは割愛します。

パッと見、共に中心から樹皮側に放射状の線が見て取れます・・・

これは、「放射組織」と言われるもので、すべての樹木に存在しますが、肉眼で確認できない場合もあります。

「環孔材」・「放射孔材」とは、導管(水を吸い上げる管)の分布形態を言い、この組織との関係はありません。

カシの導管は、この放射組織に沿って分布するので「放射孔材」。

ナラの導管は、年輪に沿って「環状」に分布するので「環孔材」。

よって年輪がぼやっとした太目の筋となります。

クリ材は、最大級の導管を持ちますが、その大きさは肉眼で確認できるほどです。

年輪の周りに穴が並ぶ訳ですから、成長が遅いと年輪の幅が狭くなり穴だらけの幹となってしまい強度に問題がでます・・・

構造材として利用する場合年輪幅は2mm以上との決まりもあるようです。

長くなりましたので、チョット休憩・・・






快適な住まいって何でしょう・・・
今、非常に困った事案に悩まされています・・・

「家が寒い」と言われているのです・・・

リビングを閉鎖できる空間にして欲しいと相談されています。

リビングは、吹き抜けとなっており南東向きの比較的大きな窓があります・・・

天気の良い日は、朝陽が良く当たり、午前中はずっと陽が差します。

温室効果で室温も上がるはずなのに何故か「寒い」とおっしゃいます・・・

実は原因が分かっています・・・

窓の内側に設置したロールブラインドが一日中閉まったままなのです・・・

開けてくださるようにお伝えしたのですが、夜になればまた冷えるのだから同じことで、開け閉めが面倒なだけとのこと・・・

更に、晴れた日ばかりでもない・・・

部屋では、ハロゲンヒーターを南側に設置し、ストーブに当たるように背を北に向ける状態・・・

北側からの冷気を背中に感じるため「寒い」という訳です・・・

外から入ると決して寒くはない…そういう造りの家です。

いくら快適な家であっても住まい方が間違っているといくらでも不快な家になりえます・・・

設計コンセプト、住まい方、全てお伝えしてきたことと思うのですが伝わらなかったようです・・・

家での生活は、一日単位ではなく、継続するものです・・・

折角、陽当りの良い家なのですから、天気の良い日は十分陽を取り込み、その熱を失わない暖房を考えてあげれば、その熱が蓄積されます。

冷気を感じる、北側を暖房してあげれば解決するはずなのですが、「何をしてもダメなものはダメ」と試すことすらしていただけません・・・

同じような空間に住まわれているお客様にお話しすると・・・

「最初の年は、確かに寒いと感じたけど、理屈が分かればこんな快適な家はない♪」

とおっしゃってくださっています。

更には・・・

「私が、お話ししてあげましょう!」

とまで言ってくださいました。

次の冬までに何とかして欲しいと言われていますが、もう少しかみ砕いたご説明をさせていただこうと考えています・・・

ちなみに「夏はいうことない!」とおっしゃっておられます・・・

この木何の木気になる木
005_20170308233559c05.jpg


























日立さんのコマーシャルで超有名な木・・・

通称「モンキーポッド」

マメ科ネムノキ属、環孔材です。

分布は、中南米。

アメリカネムノキとの名前もあります。

湘南茅ヶ崎樅の木の家の玄関上り框材として使用するために150mmの材を三分割して現れた木目・・・

何とも幻想的な表情・・・

もちろん無塗装の状態です。

仕上がりが楽しみです(^^♪

斧ホルダー
016_20170306000344be7.jpg


























土曜日に、倒木伐採行ってきました!

新調した、チェーンソーのお陰でスムーズに作業が捗りました♪

やっぱり「道具」(^^♪

しかし、元々の伐倒が「伐りっぱなし」、周辺の木々に寄り掛かっといる状態で、とても困難な作業でした(-_-;)

日曜日は、再び家族で薪割り三昧となりました(^^♪

薪割り時に、斧をいちいち立て掛けるのが面倒なので、「斧ホルダー」を作ってみました・・・

チェーンソーアートの入門編と言ったところでしょうか・・・

簡単に考えていましたが、結構難しいんですこれが・・・

一度、何処かでレクチュアを受けたいでーす!

鱈のトマトパァッツァ
017_2017030523551925d.jpg

























ちょっとお洒落な料理を作ってみました(^^♪

メインの鱈は、具材が多すぎて見えません・・・

茹でたてのパスタに掛けていただきます♪

実は・・・市販のトマトソースを使っているので簡単、時短料理。

結構いけます!


木のはなし・・・「桐」
004_20170306002220661.jpg


























先日、伐採した木の中に「桐」の木がありました・・・

持ち帰った木を見た母が、「あっ!これ桐の木でしょ」と言ったんです・・・

昔、親類に桐で箪笥を作る人がいて、見たことがあると言っていました・・・

自分の知識としては、桐は、灰汁が強く、2~3年雨ざらしにして使うと言ったことくらい・・・

「穴」のことは、全く知りませんでした(-_-;)

確かにほぼ全ての中心に穴が開いています・・・

調べると、驚きの事実が・・・

「桐は、厳密には木ではなく、草の一種である」???

現在、キリ科キリ属の「木」として認識されていますが、そもそもは、ゴマノハグサ科もしくは、ノウゼンカズラ科とされていたようです・・・

これらは、草花が属する科で茎の中心にある空洞、「髄孔」より水を吸い上げます・・・

桐の「穴」も、実は、この髄孔(名残?)だそうです。確かに知られている木材の構造と違い、草木と似た構造・・・

しかし、誰がどう見ても「木」であり、構造形態に関わらず「キリ科キリ属」、還孔材の広葉樹として再認識されているようです。

深い話です(-_-;)

追伸、「キリ科キリ属」はそうすべきとの考えで、多くは「ゴマノハグサ科キリ属」とされています。

STIHL チェーンソー
016_201703022202090cb.jpg















買ってしまいました!

チェーンソー・・・

これまたドイツ製(^^♪

完全にドイツかぶれ(-_-;)

しかし、決してドイツ製を求めている訳ではなく、良いものを探すと、行きついちゃう・・・

樅と同じです!

地元に正規代理店があったのが決め手となりました(^^♪

ここのスタッフが良く解ってらっしゃる・・・

やっぱり、こういう人から買いたいですよね・・・

世の中、知ったかぶりの営業マンが多い中、時間も気にせず熱心に応対してくれるって良いですよね・・・



さて、倒木伐採第二弾は次の土曜日に決定!

前回、リースのチェーンソーが不調のため、思うように伐れなかったのでリベンジ!

杉の花粉を目の前にしての作業が気がかりではありますが・・・

009_201703022225470a1.jpg















011_20170302222616b1c.jpg















012_2017030222264661b.jpg















013_2017030222271327b.jpg

















気になるところは・・・
001_20170302223124838.jpg















INAX(LIXIL)のタイルの精度は良いと思うのですが、ネット貼りの場合の貼付けが良くない・・・

小さいタイルを大体、30cm角くらいにまとめ、裏打ちしてあるのがネット貼り。

その、30cm角の中で、ひん曲がって張られているものが結構あります・・・

張りあがった全体でみれば気にならない。と言ってしまえばそれまで・・・

それでも、どうしても気に入らないところが出てきます。

そうなると、気にしている間に取り除いて貼りなおした方が早い場合も・・・

ちょうどそんな作業をしているところでした(^^♪

残念ながら、メーカーのカタログ写真の中にも曲がったものがあったりするのでクレームになりません・・・



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。