FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
「タスペーサー」
聞きなれない言葉と思われます・・・

スレート(コロニアル)屋根の塗り替え時に使用すると良いとされる「縁切り部材」です。

008_20140802055103ca6.jpg


















平板を重ねながら葺きあげるので隣り合わせる板との間に必ず隙間ができます。

隙間から侵入する雨水は下にある平板が排出する役割を担っています。

そもそも重なり部に隙間があるので問題なく排出されるはずですが塗り替えを“丁寧”に行うとその隙間に塗料が詰まって雨水の排出に支障をきたすようになります・・・

過去にスレート屋根の塗り替えを行った後に雨漏りが発生するという事態が頻発するようになりこの問題が発覚しました。

以前は「縁切り」といって塗り替え後に金属製のヘラなどを用いて一か所一か所隙間を作る作業を行っていたのですが今は良い部材があります・・・それが「タスペーサー」です。

010_201408020612491e5.jpg


















一度塗り替えをした屋根だったので既に密着している部分が多く「皮スキ」というヘラを金づちで打ち込みそこへ「タスペーサー」を挿入します・・・隣合わせた隙間の両サイドです。

011_20140802062148433.jpg


















雨水を排出するための隙間が確保されました♪

一枚15円程の品ですが1,000枚前後使用します・・・手間もそこそこ掛かりますので最初の予算にしっかり組み込むことが大切ですね・・・

現場の状況により不要と判断する場合もあります。



スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。