FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
樅の木改修 階段
012_20140331231945a6a.jpg
























階段のカバー工法・・・

我ながら惚れ惚れします♪

043_20140331232404380.jpg
























今回の階段はもともと踏面寸法が狭く急な階段でした・・・

踏面が221mmとかなり狭かったのですがフォレストベース12mmを張り踏面を広げます・・・

フォレストベースは3.11の震災後市場から消えた針葉樹合板の代わりに使えるようにとマルサ工業フォレストバンク事業部が作りだした下地用の樅板です。

そうすることで全ての段で蹴上高さもほぼ変わらず(2mmの誤差あり)に済みます。

従来の方法は一、二階廊下に18mm、階段8mmの板を張っていたので一段目が低く最上段が高くなっていました・・・

最終的に17mm広がって踏面238mmです。

かなり上がり降りしやすくなっているはずです♪

それにしてもやっぱり樅は美しい・・・


スポンサーサイト



坐骨骨折その後・・・
009_20140331225824ab4.jpg


















本日の坐骨の様子・・・

2月1日からほぼ2か月経ちますが骨ができるのって結構時間かかるんですね・・・

先生いわく「しっかりできている」だそうですが良く分かりません。

そもそも当初から折れている部分に痛みは感じませんし良くなっているのかどうかも分かりません・・・

とりあえず「しりもちには気をつけて!」とのことで日常動作は問題なしとのことです。

右側の骨がやたら大きく見えますが角度のせいだそうです・・・

自分も5月で50歳です!

一度ケガをすると直るのに時間がかかります・・・

気を引き締めて行きましょう!

今日のブランチ♪
016_20140330143112f00.jpg


















ケチャップ掛けをしくじりました・・・

具だくさんオムレツ♪

玉ねぎ、ピーマン、ベーコン、トマト、ホウレンソウ。

卵は5個・・・

DGHでは卵料理は安心して作れます♪

調味料は少しの塩のみ・・・

ケチャップだけで十分美味しくいただけます!

020_201403301437076bb.jpg


















きたないお顔でごめんなさい・・・(せら)

「ウエスタン・レッド・シダー」のウッドデッキ
001_20140330124616ea0.jpg


















ウェスタン・レッド・シダーとは「アメリカネズコ」の商品名・・・

以前は「ベイスギ」と呼ばれ古くから利用されてきた木材です。

「ベイスギ」と言う呼び方でピンとくる方も多いのでは・・・

アメリカでの伐採が制限されるようになり「ベイスギ」もしくは「アメリカネズコ」と言う名を使わなくなり100パーセントカナダから輸入されるようになって「ウエスタン・レッド・シダー」に統一されています。

ヒノキ科ネズコ(クロベ)属の針葉樹で有名なヒノキ千オールと言う成分を大量に含んでいます。

木曽五木の一つネズコ(クロベ)と同類の木でともに大好きな木の一つ♪

継続的に生活する場では「樅」のように匂いが感じにくいものが良いと思いますが人それぞれ好きな香りってありますよね・・・

ウエスタン・レッド・シダーのウッドデッキは雨にさらされるととても良い香りがします(初期)。



余談ですが「ヒバ」にもヒノキ千オールがたくさん含まれています・・・

「ヒバ」と呼ばれる木はヒノキ科アスナロ属の「アスナロ」と言う木です。

育つ地域によって「能登ヒバ」だったり「秋田ヒバ」だったりします・・・

新潟の佐渡では「アテ」とか「アテビ」と呼ばれていますが祖父の家の納屋は多分この木で造られており入ると未だに大好きなこの匂いがします。

きっとヒノキ千オールが起因する匂いなのでしょうね・・・

ちなみにヒノキ科ヒノキ属の「ヒノキ」のヒノキ千オール含有量はヒバなどの1/10程と言われています。

また「米ヒバ(イエローシダー)」もヒバ(アスナロ)ではなくヒノキ科ヒノキ属の木です。

とても紛らわしい・・・


さてウエスタン・レッド・シダーのウッドデッキの良さですが断然無塗装をお勧めします。

通気さえ良ければ20年は大丈夫!

自宅のデッキも18年経ちますが部分的な改修はしたものの基本的には問題なしです。

ただし状況によってはシロアリにやられる場合がありますので土壌処理が必要・・・

[「ウエスタン・レッド・シダー」のウッドデッキ]の続きを読む
手羽餃子 DGH編
002_20140328214950c29.jpg


















先日NHKの「ためしてガッテン!」で中骨の抜き方をやっていたので実践してみました・・・

となればやっぱり手羽餃子かなぁって・・・

フライパンに少しのサラダ油をひいて765Wで8分・・・

裏返して4分くらいで電源OFF!

蓋をして余熱調理・・・

適当なところで完成♪

馴れてきて段々いい加減になってきたかなぁ・・・

伊勢の神宮・式年遷宮
097.jpg


















皇大神宮(内宮)は日本国民の大御親神(おおみおやがみ)とあがめまつわる皇祖天照大御神をおまつりしているところです。

内宮では右側を歩きます・・・

095.jpg


















この宇治橋も二十年ごとに架け替えられるのだそうです。

外側の大鳥居は外宮古殿の棟持柱を内側は内宮古殿の棟持柱を使い遷宮後に建て替えられるそうです。

次に向かうのは御手洗場(みたらし)と言われる五十鈴川のほとりで身と心を清め爽やかな気持ちで大宮にお参りするのが古来からのしきたりだそうです。

101.jpg


















千古の森に囲まれた神域の雰囲気は他のお宮との違いを言葉なくとも感覚的に体感できます・・・

参道を進みいよいよ正宮です。

106.jpg


















新しい社殿は手前側だったので遷宮前の古社殿はほとんど目にすることが出来ません・・・

皇大神宮でも正式参拝をさせていただきましたのでその際横目に観れたはずですがあまり記憶にありません。



参拝を無事終えるとお腹もすいてきました・・・

旧参宮街道通称おはらい町通りへ向かいます・・・

130.jpg


















やっぱり伊勢うどんが食べてみたい!と美味しそうなお店を探します・・・

135.jpg
























このお店に決めました♪

数名並んでいましたが回転がはやい様でさほど待たずに店内へ通されました・・・

133_20140326085859e7c.jpg


















初めて食す伊勢うどん・・・

「うわっ!」と思わず声が出ます・・・

汁の色が凄い!

見た目程味は濃くは無いのですが卵入りと無いものとが選べますので卵入りが丁度いいかも・・・

一味をたっぷり掛けると更に美味しくいただけました♪

139.jpg


















伊勢と言えば誰もが知る「赤福」・・・

さすが赤福本店前は人が多い・・・

荷物になるので後で買おうと思ったのが間違い・・・

実際買う時には長蛇の列になっていました。

あることを確認していた「二軒茶屋きなこ餅」もすべての店で売り切れとなっており買うことが出来なくなってしまいました・・・

何事も後回しはダメですね・・・


とても愉しく有意義な旅でした。



健康な住まい造りの会「樅の木の家」九州の皆さん、ご一緒させて頂き本当にありがとうございました。

今度は関東で何か企画しますね・・・

伊勢の神宮・式年遷宮
055_20140324235855efd.jpg


















私たちの生活をささえる一切の産業をおまもりくださる神様が「豊受大神宮」通称「外宮」・・・

074_20140325000618e7c.jpg
























まず手水舎であらためて心身を清めます・・・

参道は外宮は左側、内宮は右側を進みます・・・

075_2014032501024804c.jpg
























064.jpg


















参拝方法は「二礼二拍手一礼」です。

社殿の規模は両宮ほとんど同じだそうですが内宮の千木は内削ぎ(水平切り)外宮は外削ぎ(垂直切り)、鰹木は内宮正殿十本(偶数)外宮正殿九本(奇数)、内宮は東西宝殿が正宮の後方にあるのに対して外宮では前方、外宮には板垣内の東北隅に御饌殿(みけでん)があるのが大きな相違だそうです。

千木は社殿の屋根両端の角のようなもの・・・

鰹木は社殿の棟に水平に並ぶ丸太のようなものです。

御饌殿は天照大御神をはじめ豊受大御神十四の別宮の神々にお食事を奉るお祭りが行われる所で外宮ご鎮座以来約千五百年間毎日朝夕二度続けられているそうです!

065.jpg


















奥手が新しい社殿、手前が解体される社殿・・・

085.jpg


















ご正殿の千木と鰹木がチラッと見えたのでパチリ!

こちらは解体される古い社殿・・・

087.jpg



















086.jpg


















今回正式参拝を行わせて頂き参拝後に旧社殿の見学を行わせていただくことができました♪

かや葺屋根の傷みがかなり進んでいましたが社殿に使われている木材の傷みに大きな損傷は見受けられませんでした。

しかし板垣の一部には腐りも見受けられました・・・



いよいよ内宮のご参拝に向かいます・・・





崎陽軒に負けない「シュウマイ」を目指す!DGH編
015_201403230852316b1.jpg


















何度か失敗を重ねやっとお披露目できるようになりました!

シュウマイのレシピはいろいろありますが自分のは・・・

「えのきシュウマイ」!

ちょっとトロっとした食感になりますので好みが分かれるところ・・・

豚挽き肉に玉ねぎとえのきのみじん切り、しょうがも少々・・・

合わせ調味料は「しょう油」「紹興酒」「三温糖」「ごま油」「鶏がらスープ」

市販のシュウマイの皮でくるみます・・・

蒸し器が無いので底の深いフライパンと裏ごし用のざるを利用しました・・・

009_20140323090243df8.jpg


















葉物を敷きシュウマイを並べます・・・

012_20140323090415199.jpg


















500cc程の沸騰した湯の中にセットし・・・

013_20140323092052d7a.jpg


















蓋をして5分!強火です・・・

008_20140323090205b08.jpg


















完成です♪

016_20140323092318694.jpg


















意図的にしたのですがからしの盛り方に反省・・・

樅はやっぱり美しい!
012_2014032023530690f.jpg


















伊勢から戻りI 様邸へ行くと玄関ホールの天井周りがほぼ終了していました♪

伊勢の神宮でため息が出るほどの美しいお社を拝見してきましたが樅も負けていません!

改めてその美しさを感じます・・・

伊勢の神宮を参拝している気持ちが蘇ってきます!!


ちょっと言い過ぎ???


「チューリップ・ツリー」
005_20140320230722928.jpg


















和名は「ユリノキ」

モクレン科ユリノキ属の落葉広葉樹。


名前が判らず木材博物館に持ち込んだあの材・・・

I 様邸の階段笠木として使用します。

巾250mm、厚さ70mmほどの厚板でしたが納入前に二枚割りにしてもらいました・・・

巾を150mm、厚さを30mm弱まで落としてサンドペーパーで表面を磨いていきます・・・

“魔法の塗油”を塗り込むと・・・

006_2014032023163296b.jpg


















あら不思議とっても良い色になりました♪

木を濡らすだけでこんな色になります!

楽しいですね・・・

012_20140320232119d5c.jpg
























新建材の色だと「ミディアムブラウン」とかになるのでしょうか???

これを現場に納めると・・・

013_20140320232736fcb.jpg
























こんな感じ・・・

着色は一切していません!自然の色です!!

良い材が手に入って本当に良かったです♪





伊勢の神宮・式年遷宮
伊勢の神宮・・・

最も尊いお宮として「神宮」と言えば伊勢の神宮を指すそうです。

現在では分かりやすいように“伊勢の”を付けているようです。


内宮(皇大神宮)と外宮(豊受大神宮)の両正宮を中心として十四所の別宮、百九所の摂社・末社・所管社から成り立っているのだそうです。


式年遷宮は二十年に一度新しい神殿を造営し大御神様にお移り願う儀式。

昨年「第六十二回神宮式年遷宮」が行われ今年四月からは古いお社の取り壊しが始まるようです。

今なら新旧二つのお社を同時に拝見することができると言うことで参拝に出掛けました。


健康な住まい造りの会「樅の木の家」九州 が昨年より計画を進めていた所へ関東も便乗する形で参加させていただきました♪


051_20140319233250c7a.jpg


















まずは「二見興玉神社」で“みそぎ”を行います!

とは言っても“みそぎ”は形式的なことで参拝のみ・・・

049_2014031923423298d.jpg


















「夫婦岩」が有名な場所です。

“みそぎ”も済みいよいよ外宮(豊受大御神)の参拝へ向かいます・・・


バー・茶房 「シャーマナイト」
016_2014031801315436e.jpg


















バーのボトルラックって暗い色合いが多いですよね・・・

暗がりの中暗い背景にお酒のボトルを並べてもパッとしないと思うんですよね???

てな訳でモミを使った訳です!

ボトルを並べればはっきりすると思います。

渋谷へお出かけの際には是非お立ち寄りいただきましてご確認ください!

渋谷のバーでモミが流行るかも知れません・・・

[バー・茶房 「シャーマナイト」]の続きを読む
百軒店明日でおしまい!
007_20140314232117f57.jpg


















O 様のお店とも明日でお別れ・・・

こんな事言うとなんですがやっと解放されます。

一週間の予定でしたが、電気工事、水道工事、さらには音響工事・・・

11日も通うこととなりました。

その分多方面の方々にご迷惑をお掛けすることとなり申し訳なく思っています。

写真は昨日の物で「ブラックウォールナット」の集成カウンターを取り付けたところ・・・

010_20140314233232d6c.jpg


















“魔法の塗油”で仕上げるとこうなります。

こんなに広い面積を仕上げたのは初めてです!

予想通り良い色になりました。

ボトルラックはモミと合わせてみました。

バッチリ合います!



明日も5時起き6時半出です・・・

 
かまぼこ博物館
029_20140311225714941.jpg
























前々から行ってみたいと思っていたのですが中々機会に恵まれずこの日やっと実現!

愛車「レンジローバー」の修理のため小田原の澤地自動車さんに車を取りに行ったついででした・・・

余談ですが澤地自動車さんは数少ないランドローバーの認定修理工場。

ランドローバーを知り尽くした平島さんと言うメカニックさんにお世話になっています。

今回も本当に助けられました♪



ところで小田原は桜が満開です!

「大漁桜」と言う品種だそうです・・・



かまぼこ博物館のメインイベントは「かまぼこ体験」・・・

一日四回、一人1,500円もかかるのに全て定員満席!

自分の目当ては・・・

036.jpg


















「どうして板についているの?」

もちろん知っていることですが一般の方々にどのように紹介されているのかを知りたかった訳です。

モミもシラベもマツ科モミ属の木です。



直売所で試食を愉しみ帰路につきました・・・



渋谷、百軒店への道のり
バーの改修工事中・・・

道玄坂の現場までは片道43km・・・

一昨日は7時半に出て到着は9時・・・

昨日は7時に出て到着は8時半くらいと出が早い分だけ早く着きました。

今朝は6時半に出てみたのですが7時40分くらいに着きました!

水道屋さん、電気屋さんの仕事をして現場を出たのが6時過ぎ・・・

金曜の夜なので人が多く表通りに出るまで最徐行で車を進めます・・・

如何わしいお店、旨そうな飲み屋が目に飛び込んできます。

通りに出ても都内を抜けるのに小一時間・・・

家に着いたのは8時ちょい前でした。

明日は土曜日なので7時に出ます。

もうすぐ五十の身体には堪えます・・・

仕事して愚痴るのは良くないですね(反省)

渋谷道玄坂「百軒店」
「百軒店」= ひゃっけんだな

渋谷区道玄坂二丁目の商店街をそう呼ぶのだそうです・・・

ここで店舗の改修工事中。

古いお付き合いをさせていただいています O 様のお店です。

店舗物件として改装済みでしたがカウンターとボトルラックの素材、形状が O 様の好みに合わず改修することとなりました。

001_20140305222841f06.jpg
























安価な集成カウンターに雑な塗装・・・ウレタンの臭いがプンプンしています。

今回使用する材は集成材ではありますが「ブラックウォールナット」。

本日その一部の設置が完了・・・

イメージが全く変わりました♪

無色の植物オイル拭きで仕上げています。

006_20140305223555076.jpg


















設置したカウンターから下の部分は物入れとなります。



樅の木改修の見せ場
006_201403040015503eb.jpg


















I 様邸の工事も大詰めです・・・

写真は玄関ホールの天井部分・・・

中央にある照明器具は既存のものでこれから取り外して天井全体を照明器具とします。

電気工事士免許を取得した大きな理由の一つです♪


今回の工事の様な全面樅の木張りの場合各所にアクセントになる部分が必須!

この場所が選ばれたわけです・・・

より健康に住まうための“スパイス”です。



完成が愉しみ♪♪♪



残ったハンバーグを使ったガーリックバターライス
028_2014030222014463f.jpg


















本日のブランチメニュー・・・

昨晩残ったハンバーグとご飯を使ったガーリックバターライス♪

作る手順はチャーハンと同じ・・・

じっくり焦らず中火(765W)で調理します。

ここで一つDGHで調理する上でのポイントがあります・・・

それは「予熱」です!

「余熱」ではなく調理前の下準備として「予熱」があると良いようです。

つまみを回せば直に加熱しますがガラス面が調理に適する温度になるまで少し待ちます・・・

水を垂らしてジュッと直蒸発してしまう状態から球体となって転がる状態になるとGOOD!

「ジュッ!」が「キュッ!」と言った音になります。

そこから調理スタートです。

きざんだニンニクと卵・・・冷ごはんを入れてよく混ぜ合わせます・・・

バターを入れることで焦げ付くことも無く本当にパラパラした仕上がりになります。

味付けは黒コショウと岩塩のみ・・・

岩塩が美味しさを引き出してくれます♪


ハンバーグにパン粉は必要か?
ハンバーグを作るに当たりいろいろなレシピを調べましたが必ず入っている物が「パン粉」

DGHの実演をするに当たりこのパン粉がしばしば問題になります・・・

「鮮度が重要なので食パンから作るべき!」

と言う固い人が若干一名・・・

その通りとも思いますがそのためにフードプロセッサーが必要になります・・・

玉ねぎのみじん切りも包丁で頑張っているしできれば機械に頼りたくない・・・

ならば入れなければいい!

そう思うと即実践・・・

012_2014030213391875c.jpg


















総重量750gの牛100パーセントハンバーグ・・・

写っているお皿は30cmの大皿です。

パンパンに膨れ上がっています!

ナイフを入れると・・・

013_20140302134346f19.jpg


















湧水の様に肉汁が吹き出ししぼんでしまいました・・・

パン粉の働きが良く理解できましたが味は特別悪くもないようです。

今度は合挽き肉で挑戦してみます。




スペアリブ
003_201403020027554aa.jpg


















傑作が生まれました!

家族からは「NO.1!」との大絶賛♪

DGHを使われている方是非お試しあれ!

使ってない方・・・残念!

  〇 しょう油 100cc
  〇 白ワイン 100cc
  〇 みりん 100cc
  〇 黒酢 30cc
  〇 三温糖 30g
  〇 ウスターソース 50cc
  〇 トマトケチャップ 100cc
  〇 ニンニクすりおろし 1辺
  〇 きざみしょうが    少々
  〇 黒コショウ 適量
  〇 きざみ大葉 10枚

以上を合わせ豚バラスペアリブを漬け込みます。

今回は丸一日冷蔵庫で寝かせました・・・

フライパンを2.3kwで充分温めオリーブオイルをひいて570wで7分焼きます・・・

裏返して再び7分焼きます・・・

蓋をして電源を切り余熱が切れるまで放置・・・

完成です♪

正味30分調理時間が短いので肉の内部も程よいさくら色・・・

柔らかジューシー♪言うことなし!

黒酢がほんのり効いていて多少酸味がありますがそこがgood!

味付けは好みで調整してください。


Designed by aykm.