FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
DGH600タイプ
先日“押し売り”になりかけたDGHを設置しました。

「何でもいい」と言われた T 様に私のブログも見ていただき商品を理解いただいた上での正式なご依頼をいただきました♪

003_2014022823202033f.jpg


















10年間使ったIHクッキングヒーター・・・

お疲れ様でした。

手入れが行き届き新品同様です・・・

しかし異音が・・・

修理が出来ないわけでもないのですが10年と言うのが一区切りなのでしょうか・・・

そして遠赤外線クッキングヒーターDGH600タイプがこれ・・・

007_20140228232911475.jpg


















デザイン的には10年前と変わらない???

まぁ実用的とでも言いましょうか・・・

操作も至ってシンプル・・・

流行を追っていない分長く使えそうな気はします。

T 様の今夜のおかずは焼き魚だそうです♪

クッキングシートを使ってフライパンで焼くそうです・・・

笑顔で「愉しみ~っ」と言ってくださいました♪

きっと美味しく焼けたはずです・・・



DGH 600 の価格は 258,000 円(税抜き定価) です!

ちなみに750 は 278,000 円(税抜き定価) で仕様はこの二種のみ・・・

スポンサーサイト
緊急開催!第五回DGH体験会
030_20140226234843920.jpg


















日曜日に予てからDGHに興味を示されていた Y 様がお越しくださいました♪

ご家庭でははIHクッキングヒーターを使われていて「チャーハン」が得意料理とのことです。

と言うことで急遽チャーハンを作っていただくことに・・・

Y 様はかなり料理馴れされているようで躊躇することなく調理の準備に取り掛かります・・・

2.3kwのヒーターを使いましたが火力の強さに驚かれていました・・・

IHだとフライパンを持ち上げる度に熱が途切れてしまうのに対して火力が一定であることを絶賛・・・

032_20140227000145e22.jpg
























この後火力を少し落として炒めが続きます・・・

今回勉強させて頂きましたが非常にゆっくりと丁寧に炒めていくことに驚きました!

「ガス、IHそれぞれ調理法が違う」と常日頃から唱えていましたがチャーハンに関しては“あおり”はしないものの強火力で短時間で調理しようとしていました。

しかしY 様の調理法は違います!

「IHでのチャーハンが得意!」とおっしゃられていた通り極めておられます・・・

火力はほどほどで丁寧に水分を飛ばすことでパラパラチャーハンが出来上がります♪

041_2014022700102744c.jpg


















もういてもたってもいられません・・・

夕飯のメニューは決まりました!

早速 Y 様流チャーハン作りに挑戦です♪

045_2014022700134319f.jpg
























五目(六目)チャーハンの完成♪

素晴らしい・・・



第4回DGH体験会
008_20140223234224a13.jpg


















今回は二組三名のお客様がおいでくださいました♪

一組のお客様は二年前に樅の木を使ったキッチンリフォームをさせていただきました U 様・・・

加熱機器は IHクッキングヒーターです。

その時点ではDGHはおすすめしていませんでした・・・

もう一組のお客様は U 様ご紹介の S 様です。

遠赤外線クッキングヒーターのことはご存じだったようで「是非体験したい!」と言うことでお越しいただきました。

お客様は終始驚きの連続だったようで楽しんでいただけたことと思います。


今回のハンバーグは約700g・・・

焼く前の厚みは4センチほどでしたが焼き上がりの時点では2センチくらい膨らんで6センチはあったと思います。

付け合せの玉ねぎとしめじがソースに良く合っていて大変美味しく出来ました♪

ご飯も「美味しい!」と言っていただけました。

連発していただけたのでお世辞ではないと信じています・・・




玉ねぎは外せません・・・


健康な住まい造りの会 樅の木の家
昨日、「健康な住まい造りの会」樅の木の家 関東 26年度総会 を執り行いました。

先日の大雪の影響で数名の会員の参加が阻まれましたが滞りなく無事終了することができました。

会員の皆さんは志も新たに意気揚揚と輝いて見えました。

遅れをとることなく食らいついていかねばと思います。

今年度もよろしくお願いします!

 
この木何の木気になる木
001_20140220000856862.jpg


















I 様邸の階段笠木の材を求めて何度となく新木場を訪れやっと巡り逢えた木があります。

山康商店の山﨑社長が見つけてくれた木ですが残念なことに名前が不明・・・

その特徴からネットを使い自分なりに調べた結果を基に確認の意を込め木材博物館へ持ち込みました・・・

館長であらせられる岡野先生が直々に対応してくださいました。

数多いサンプル材と見比べ似たものの小口をカッターで削り繊維の特徴をルーペで確認します。

持ち込んだサンプルも同様に行います。

明らかに自分が特定していた物とは別物であることが分かりました。

サンプル材の計測を行い気乾比重を求めます。比重は材によってほぼ決まっています。

先生が次に行ったのは産地を特定する作業・・・

成長輪(年輪)の現れ方で特定出来るようです・・・

こちらからの情報は熱帯産であると言うことでしたが特徴が当てはまらず温帯産であることを特定します。

ここからは更に細かい見比べを行うために別室にて顕微鏡を用いた調査を行ってくださいました。

その結果「ホオ」(モクレン科)の仲間であることが分かりました。

確かに繊維の特徴をルーペで見比べてみると似ていることが見て取れました。

小口面での特徴はカッターなどで削った所をルーペで見ると判るのですが軸方向の特徴は顕微鏡でないと判らないそうです。

そうすることでより明確な判断が出来るとのことで博物館の平川先生が調べてくださった結果同じモクレン科の「イエローポプラ」であろうと断定されました。

厳密には正確な産出地を知ることが大切だと言うことですが全く不明・・・

「イエローポプラ」は別名「チューリップ・ツリー」と呼ばれています。日本でなじみのある名称は「ユリの木」。

北アメリカ原産でチューリップに似たかわいい花を咲かせる事から「チューリップ・ツリー」と呼ばれチューリップになじみのなかった日本ではユリに例えられたようです。

加工性が良い木で古くはインディアンがカヌーを作った木だそうです。

近年ではピアノの鍵盤としての利用など高級材としての位置を確立しているようです。

調べてみると「非の打ち所が無い木」と言っても過言でないような木であることが分かります。

実際岡野先生がサンプルを最初に手にした時「良い木だね」と言ってくださいました♪


という訳でこの木を階段手すりの笠木として加工します。

仕上がりが愉しみです。


降雪被害
003_201402190021420ca.jpg


















雪にやられたカーポートの撤去作業中にとんでもない報告を受けました・・・

リクシルの深谷工場が降雪被害によって操業停止とのこと!

先日足元の悪い中ショールームに出向き6時間も掛けて決めたキッチンが受注出来ないって言ってきました!

ショックで作業の進行に影響が・・・

今回特殊な収納システムを選んでいるので単純に他メーカーと言う訳にもいきません・・・

ああ・・・

降雪被害かぁ・・・写真のカーポートもなぜ潰れたのか不思議なんです???

よそから雪のかたまりが落ちてきた訳でもなく降り積もった雪の重量でじわじわ潰れたようです。

かまぼこ形の屋根なので力は柱側に抜けそうなものですが・・・

吹き溜まりの位置となってしまったのでしょうか???

不運としか言いようがありません。

どちらも人的被害が無くて何よりです・・・

本日カーポート撤去3件行ってきました・・・クタクタです。

被害を被った方々には心よりお見舞い申し上げます。

雪対策
002_20140217235025def.jpg


















お恥ずかしい話しですが弊社樅の木の家のポーチ屋根が崩壊してしまいました。

そもそも簡易的な後付の屋根なのでこれほどの雪に対して対応できるものではなかったのでサポート柱を建てるべきでした・・・

“後の祭り”です。

更には昨年も失敗していたのですが雨樋に付けたクリスマスイルミネーションの後片付けが成されていなかったため樋に雪が引っ掛かって壊れてしまいました・・・

それにしても立派なつららが育っているのには驚きでした!

屋根に積もった雪がずり落ち軒先で「まきだれ」と言われる現象が起きています。

この部分の重さは相当なものです。実際脚立で上って見てみると屋根に接している部分は完全に氷です。

最下部の雪止め金具と一体化してしまっているのでそう簡単に落ちそうもありません・・・



「関東でもこれほどの雪が降る」と言う認識を持って家造りをしないといけません・・・

ガルバニューム等の屋根材だといくら断熱性能が高くてもある程度の積雪で一気に滑り落ちてしまいます。

調べてみると「落雪防止屋根」などと言う素材もあるようですのでこういった素材の検討も必要ですね・・・


横浜の積雪28cm!
本当にあきれるほど降りましたね・・・

昨日のショールーム案内は中止となりました。

ショールーム自体は平常営業だったそうですので頭が下がります・・・

と言うことで本日ショールームへ行ってきました。

朝9時の時点で路面は各所で凍結し車だと危険な状況・・・

バスと電車での移動です。

交通量の多い路線はチェーンなしでOKですが枝別れした引き込み路線はアスファルトが見えていない状況でした。

最寄の戸塚駅から市営地下鉄でみなとみらいに近い高島町駅に移動。

通常なら5分ほどで行ける距離だと思いますが20分もかかってしまいました・・・

バリアフリーのはずのスロープ式歩道橋が全面タイル張りのため“バリア”となって進行を妨げます・・・

考え物ですよあれは・・・相当お金かけていると思いますが何人か犠牲になっているのでは・・・

帰りも同じ道を通りましたが天気も良かったせいか綺麗になっていました。

戸塚駅まで妻に迎えに来てもらいましたが、幹線道路はほぼ問題なしですが住宅地に入るとまだ除雪されていないところが各所にあります。

帰って吃驚したことが・・・

我が樅の木の家の玄関ポーチの木製の屋根が本屋根から滑り落ちた雪に押しつぶされていました・・・

甘く見ていましたサポート柱を建てておくべきでした・・・

雨樋もかなりダメージを受けていますショックです・・・

雪の力って凄まじいですよね・・・

建築基準法では1平方メートルあたり1センチの積雪で20ニュートンを想定しています。

分かりやすく重さにすると約2kgです。

横浜の積雪が28センチと言われているので56kgと言うことです。

陶器瓦の重さくらいでしょうか・・・

実際には含まれている水分量によって大きく変わり3kgあるとも言われています。

そうなると84kg!100㎡の屋根だと8.4トン・・・普通乗用車が4~5台の重さになります。

その雪が落下する衝撃と言ったら・・・恐ろしいです。

ところで太陽光パネルの設置件数は増えているようですが雪の問題はこれと言って解決の糸口がありません。

南面の設置であれば自分の敷地内の落雪で済むかもしれませんが東西面の場合隣地への影響も考えなければなりません・・・

“想定外”では済まされないですから・・・

スィートポテト
056_20140215214420f77.jpg


















オーブンを使わずフライパンで作るスィートポテトです。

結構上手く出来たのでレシピを紹介します!

サツマイモの皮を剥きザクザク切ったら水にさらします・・・

鍋に入れ水をひたひたに・・・蓋をして1.8kwで沸騰したら360wくらいに落とします・・・

芋の色が変わって黄色くなったら火を止めます。合計25分くらい・・・

お湯を切り余熱で水分を飛ばします・・・

マッシャーを使い鍋の中で潰します・・・

芋の量は約1kgに対して下記を加えてマッシュマッシュ・・・

   生クリーム  100cc
   三温糖     80g
   無塩バター   60g
   塩       少々
   卵黄      2個

フライパンにバターを引いて360wでじっくり焼きます・・・

周辺のバターの色が変わってきたらひっくり返して焼続けます・・・

完成です♪

幸せを感じる時
010_201402142321100d9.jpg


















23時過ぎの我が家の木々達・・・

垂れ下がった枝が痛々しい反面とても輝いてみえます・・・

本来あるべき姿なのでしょう・・・

それにしてもよく降りますね・・・

50年近く生きてきましたがこの地でこんな経験は初めてだと思います。

ちなみに6時間前の状態です・・・

002_20140214232748214.jpg


















明日は10時に横浜みなとみらいのリクシルショールームでお客様と待ち合わせをしていますがどうなることでしょう・・・

一応一時間遅らせて11時と言うことにはしましたが・・・



先程外の写真を撮っていてつくづく感じたことがあります。

『この仕事をしていて良かったなぁ』って・・・

今自分が行っている仕事のスタイルは“儲かる”とは程遠いものです。

これと言った贅沢もできず家族にも苦労を掛けていますが“住む”と言った分野ではとても贅沢させていただいています。

お客様により良い住まいの形をご提案するうえで「快適な住まい」の実験を常にさせていただいています。

その集大成が我がショールーム「樅の木の家」です。



スーパーウォール工法の頑丈な躯体と高レベルの気密・断熱性。

内装に樅の木を使った上質な室内空気環境と蓄熱性。

空気を汚さず美味しい料理が作れる加熱機器「DGH」。

空気を汚さずパワフルな暖房が出来る薪ストーブ。

などなど・・・


006_2014021423532429c.jpg


















今日の室温は15時の時点で暖房なしで15℃・・・

その後薪ストーブに火を入れて20℃をキープ。今、炎は上がっていませんがまだ19℃あります。

もちろん素足ですがまったく冷たくありません。

「えっ20℃で幸せ???」って思っていませんか?

そう思った人ファンヒーターを唸らせて室温24℃とかにしていませんか?

樅の木の家で薪ストーブで暖房すると室温20℃でTシャツでいられます!

体感温度ってとても不思議だと思います。

まず足が裸足でも冷たくないと感じると室温を気にしなくなります。

結果20℃で充分暖かく感じます。

壁・天井の樅も蓄熱しますから室温が奪われる速度も緩やかです。

足が冷たいと体も寒く感じ温度計の数字を気にします。

すると20℃では到底暖かくは感じられません。

そんな訳で外は大雪ですが、ストーブに乗せたやかんのお湯で入れたコーヒーを飲みながら静かに燃える炎と降り積もる雪を観て『幸せだなぁ・・・』と感じた訳です♪

住まいの構成って本当に大切だと思います・・・

「家」って全部同じじゃないんですよ!




焼ビーフン
052_20140213212132679.jpg


















自分以外家族みんなが大好きな焼きビーフン・・・

何が美味しいのか良く分かりません。

ですが家族に喜ばれようと作ってみました・・・

驚きです!これが実に美味い!

間違いなく今まで口にした焼きビーフンの中で一番!

「横浜大飯店 中華街のビーフン」と言う商品を使いましたがこのビーフンが美味いのか???

DGHの効果も絶対あると思います・・・

樅の木の故郷 嗚呼、麗しのドイツ Vol.12
ドイツ最終日・・・

ドイツ博物館の見学を終え再び市街地へ戻ります・・・

1021.jpg
























クリスマスマーケットは昼間からにぎわっています!

ぶらぶら歩いているだけでかなり楽しめます♪

前日夜は閉まっていたお店も月曜日なので開いています・・・?

変な言い回しですがドイツでは全てのお店が日曜日は閉まっています!

デパートも例外なくお休みだそうです・・・

クリスマス直前なのでデパートのレジも長蛇の列時間がもったいない・・・

昼食は指定のレストランに「全員集合!」

ミュンヘン名物「白ソーセージ」をいただきました♪

604.jpg
























いや~美味しかった♪

一緒に飲んだ黒ビールがまた格別!

608.jpg
























ドイツはとにかく黒ビールが美味い!

もちろん好みもあるでしょうが黒ビールばっかり飲んでました!



ドイツ最後の食事を終えミュンヘン空港へ向かいます・・・

驚いたのは、空港とデパートが直結していること・・・

チェックインして荷物を預けた後買い物ができます!

これは素晴らしいと思いました。

クリスマスマーケットも開催されていて時間を持て余すようなことは一切ありませんでした・・・

1061.jpg
























19:55 NH208便 ANA ボーイング777にて一路成田へ向かいます・・・

617.jpg
























日本海佐渡ヶ島上空・・・

佐渡ヶ島が見えないかなぁ~なんて窓の外を見るも雲だらけ・・・

よくよく考えればこの時期に見えるはずもありません。

日付が変わって翌日15:40 定刻通りに成田空港へ到着しました。

1070.jpg


















成田空港にて解散式・・・

皆さんお疲れ様でした!そして愉しい旅をありがとうございました!

またいつかご一緒できたらいいですね・・・

樅の木の故郷 嗚呼、麗しのドイツ Vol.11
2012年ドイツ視察旅行のまとめがまだ済んでいませんでした。

記憶も飛び始めているので早く完結させなければ・・・

1027.jpg


















最終日は前日の宿泊地ミュンヘン

午前中は自由に市内観光だったのですが大半の参加者はドイツ博物館へ・・・

967.jpg
























広すぎて何を観てよいのかさっぱり・・・

990.jpg


















うろうろとさまよい楽器の展示室にたどり着きました・・・

989.jpg


















弦が張られていないピアノを観るのも珍しいかとパチリ!

995.jpg


















アルプホルンは樅の木をくり抜いて作る楽器です。

しかし改めて調べてみると「スプルス」と紹介されています。

これはホルンに限ったことではなくギターやバイオリン、ピアノの音響板などほとんどが「スプルス」と言われています。

ヨーロッパの山林にはスプルスとモミが混ざって生育しています。

その割合は8:2くらいらしくスプルスが圧倒的に多いそうです。

ヨーロッパで言うスプルスとは「ドイツトウヒ」のことです。

ドイツでは「フィヒィテ」と呼ばれています。ちなみに樅は「タンネ」と呼ばれています。

立木の状態では見分けが付きますが材になってしまうとほとんど分かりません。

ドイツのホームセンターでは「FI/TA」と混同して売られていました。

554.jpg


















日本でなじみのある「SPF」と同じです。

と言うことでその材が樅であっても圧倒的にドイツトウヒが多いことから楽器関係者は「スプルス」と認識されているのだと思います。

しかしドイツトウヒと樅とでは決定的な違いがあります。

ドイツトウヒには樹脂道と言われる細胞があり「ヤニ」が溜まります。

樅には基本的にはありません。

ヤニは製品となった時欠点となりますので楽器を作るような木としては無いほうが良いはずです。

高価な楽器ほど樅が好まれたのではと推測します・・・

かなり横道に反れましたが樅が特別な木である理由がこんなところにも隠れていました!



ドイツ博物館はとにかく広く時間がいくらあっても足りないと言った感じ・・・

言葉が判ればまだしもドイツ語は書いてあることすら意味不明・・・

切り上げて市内観光へ向かうこととしました・・・



つづく


IHクッキングヒーター
昨日朝一番でとあるお客様よりお電話を頂戴しました・・・

雪がらみの不具合???と思いながら電話に出ますとIHクッキングヒーターの調子が変とのこと・・・

2003年に新築させていただいたオール電化住宅です。

2003年はIHの世帯普及率が3%になった年・・・

2014年、現在の普及率はどれくらいでしょうか?20%くらいかなぁ・・・

10年で事情が変わるもんですね・・・

原発問題が無ければ50%とかになっていたのでしょうか?・・・

さて本題ですが調理をスタートすると「ジィ~~~ッ」と大きな音が出て怖い!とのこと・・・

「電気的なトラブルであればブレーカーが落ちるので目を離さず使用してみてください」

とお伝えし一旦電話を切りました。

しばらくするとまた電話が鳴り経過報告をいただきました。

音はかなり小さくなり何とか使えそうとのこと・・・

月曜日にメーカーのメンテナンス部署に確認してご報告するお約束をし再び電話を切りました。

そして今日、案の定ですが「見てみないと判らない・・・」「10年経っているので部品が無いかも・・・」

費用は、6千~2万円くらいとのこと・・・

お客様としても「10年経っているし入替しても良いかなぁ・・・」なんて気持ちもあるようです。

IHを使い馴れているとやはり最新のIHに自然と目が向きます・・・

当たり前ですよね・・・

以前DGHの話はさせていただいていたのですがあまりご興味が無い様でした。

今回改めてご紹介させていただきましたが「新しいものはどうも・・・」

全然新しくはないのですがやはり知名度が低い・・・

しばらく特徴などお話しさせていただきますと・・・

「じゃあそれでいいから一週間以内に交換して!」

「え~っ押し売りみたいじゃないですか!」

「とにかくHPを見てください!2~3日後に再度ご確認しますから・・・」

日頃から自社の取り扱い品についてちゃんとご説明できていない結果です・・・反省

しっかり納得されたうえで購入していただきたいので一度来社していただけると良いのですが・・・

力不足ですね・・・


DGHにして本当に良かったと思う・・・
016_20140209212041f2c.jpg


















ホウレンソウのソテーって普通どう作るのでしょうか???

DGHだとフライパンに水を切ったものをそのままドバっと入れ強火で放置・・・

しなっとしてきたら焦げ付かないように軽く混ぜます・・・

水気が無くなったら完成♪

調味料なんて何もいりません!

素材の甘味で十分!これ以上何が必要でしょう・・・

017_20140209212620cc9.jpg
























今回は鉄製のフライパンでやってみましたが焦げ付くことなく美味しく出来ました♪

これをカレーのトッピングとして使います・・・

019_2014020921285367a.jpg


















カレーも言うまでも無く最高に美味く仕上がります♪

肉もジャガイモもちょっと前に仕込んだものとは思えない柔らかさ!

024_20140209213109816.jpg


















ホウレンソウたっぷりで幸せです♪♪♪

029_2014020921325609d.jpg
























頂き物の八海山をこれまた頂いた備前焼のぐい飲みで呑みながら調理を愉しみました♪

雷かと思いきや・・・
今少し前のことです・・・

「ドォドォドォ~ッ」

雷???

もしやと思い西側の玄関を開けると雪崩でもあったかと思うような雪の量にビックリ!

ソーラーパネルの上に積もっていた雪が一気に落ちたようです。

地上では特別被害はない様でしたが雨樋は“お辞儀”をしています・・・

それにしても今日の雪は異常と思えるくらい降りました!

一度も雨になることなく降り続きうちの庭では20cmくらい積もっています。

夕方玄関が開かずあわてて雪かきをしました。

痛い足を引きずりながら・・・

それも日中息子が角スコを使ったまま放置したためスコップ探しから・・・

足が何ともなければ宝探しみたいで楽しめたかも知れませんがとんでもない・・・

現在雪は小康状態です。このままやんでいただきたいものです・・・

明日の朝どうなるんでしょう???

雪かきなんてとんでもありません・・・夕方動いたせいか少し痛みます・・・

083.jpg

















雪うさぎ???

樅の木改修「収納棚」
006_20140207213821c7f.jpg
























お客様のオーダーにお応えした収納棚です。

004_20140207214101d2a.jpg
























棚板の下に取付けられた丸棒は、バッグをぶら下げるための物・・・

003_20140207214320334.jpg
























奥行のあるクロゼットは丸棒を手前に設置して奥に棚を設けました。

収納量がグ~ンと増えます♪

ちなみにシステム部材はドイツ製の「エレメントシステム」
リフォームだからこそ判る樅の木の暖かさ
005_20140206221901a48.jpg
























011_20140210220503881.jpg


















I 様邸の樅の木改修、寝室がやっと終わりました。

内窓の納め方も見る人が見れば「おぉっ!」と唸るはず・・・

手間かけてます・・・



さすがにまだ運転はできず妻や母の運転で現場訪問をしています。

今日はI 様のご主人がご在宅で寝室の感想をお伺いしたところ嬉しいお言葉が・・・

「昨夜仕事から戻ってこの部屋を覗いたけどほかの部屋と全然違う!」

寒くないことに驚かれていました♪

住みながらの改修だと違いが即座に判るのが良いですね♪

働いている大工にもお客様の喜びの声がすぐ届くので遣り甲斐があることでしょう・・・



次は階段室・二階ホール天井の工事に移ります・・・

樅・ユングフラウ8Aを張ります♪

007_20140206223805e16.jpg
























松葉杖が・・・

シロアリは酒好き?
002_20140205210531f87.jpg
























ウィスキー樽の内側です。

シロアリが炭を嫌うなんて嘘っぱちです・・・

以前シロアリを飼育したことがあります。

その時は炭の中で飼ったグループもあったのですが

“クロアリ”に変身しました・・・

炭を食ってお腹の中が黒くなってました。

結果的には何が原因かわからず死んでしまいましたがいずれにせよ炭の防御は突破されてしまうという訳です。

山下工務店としては新築工事で薬剤処理はしません。

シロアリとは出来る限り共存を考えます。

シロアリの生体は未だ解明されておらず「これだ!」という策が無いのが事実だと思います。

頭が良いのか悪いのか・・・

現実にはシロアリが望まない環境が存在します。

その様な環境になるような家づくりを考えていきましょう。

脳神経外科
坐骨骨折に至った経緯をお話しします・・・

愛用の1.5tの普通トラックの荷台で木材の荷降ろしを行っていた際に足を踏み外し身体が真横になった状態で転落しました・・・

おしりの右側面やや後方を地面に強打し反動で隣接のウッドデッキに頭をぶつけたようです・・・

「ようです」とは頭をぶつけた感覚はあるものの痛みは無くよくよく考えても何処を打ったか覚えがありません・・・

最初に行った整形外科ではこれと言った外傷も症状もなく「まず大丈夫でしょう」との診断でした。

ウッドデッキの小口にはかなりの量の毛髪が付着していたのでぶつけたことは間違いない・・・

家族に驚かされ脳神経外科の診察を受ける運びとなりました・・・

MRIだCTだと言うと総合病院で一日がかりの診断となり後日結果を聞く・・・と言ったイメージですよね?

ところが今回お世話になった病院にビックリです!

以前娘がお世話になり話は聞いていたのですが診断の流れがとても速いんです!

病院に着いたのが午後4時半ごろです。待合室には二人くらい居たでしょうか・・・

初診なので問診票などを記入・・・もたもたしていた間に三人くらい増えたでしょうか・・・

受付へ差し出すと間もなく「山下さ~ん」と呼ばれ診察室へ・・・

こと丁寧に経緯を確認してくださりCTを撮ることを勧めてくださいました。

撮影室へカルテを出すと椅子に座る間もなく「山下さ~ん」と呼ばれ撮影台へ移動・・・

あっという間に撮影は終わり「診察室の前でお待ちくださ~い」と言われ診察室前へ移動。

椅子に座ろうとしたその瞬間「山下さ~ん」・・・

思わず笑ってしまい看護師さんも「早過ぎますか?」と笑い・・・

「早過ぎでしょ!」

机の上には綺麗にCTの画像がセットされています。

こと細かく診断結果の説明をしてくださり、今後の可能性についても事例を交え丁寧にお話しをしてくださいました。

こちらの質問にも面倒がるそぶりも無くお答えいただき「他にご質問はありませんか?」と締めくくっていただきました。

診察室を出て椅子に座ると間もなく「山下さ~ん」・・・

病院を出て時計を見ると5時半過ぎ・・・

正味1時間です!

これだったらちょっと心配なことがあれば診てもらってもいいかなぁって思いませんか?

暇?これで片付けてはいけないと思います。無駄が無いんでしょうね・・・

全ての病院がこうあっていただきたいものですね・・・

診察の結果は異常なしとのことで一安心しました。


ちなみに「東戸塚脳神経外科クリニック」と言う病院です。

「薩摩きんつば」もどき
015_20140203205751d04.jpg


















どうですか?美味そうでしょ!

樅の木の米櫃を野菜箱にしているのですが昨年11月から入りっぱなしのサツマイモを使って作りました♪

芋の蒸かし方もまったく自己流・・・

芋の総量は約1kgありましたがぶつ切りにして1.2kwで7分加熱・・・

余熱表示が切れるまで約16分・・・

そこからはひたすらマッシュ!マッシュ!

2/3はいい具合でしたが残りは火が足りなかったようです・・・

蒸かし方を勉強しないといけません・・・

食べられないと言った感じではなかったのでそのまま強制続行!

水、寒天、砂糖と合わせるとなんとかいい具合になりました♪

少し残った粒粒が栗きんとんを食べているみたいでした・・・

型に入れて一晩冷やしたらこんな感じになりました!

011_20140203211309005.jpg


















芋羊羹みたいでとてもおいしくなりました♪

裏漉ししていないので見た目は良くないです・・・

これに衣を付けながらひたすら焼きます・・・

012_20140203211624ef5.jpg


















この作業がかなり面倒・・・

熱いし・・・

良い火加減を探すのが大変でしたがもうバッチリです♪

嬉しい悲鳴♪
骨折をしたからという訳でもなく昨日、今日は大忙し・・・

昨日は、朝9時に骨折、12時半頃まで病院・・・

3時に神奈川県足柄上郡のお客様とのお約束をしていたので1時半に事務所を出ないと間に合いません・・・

車の運転はさすがに無理そうなので妻に運転を頼み出発・・・

予想外の渋滞に阻まれ30分遅刻で到着・・・

松葉杖のままお客様宅に上がり込み2時間半の打ち合わせ・・・

一時間が限界と思っていたのですが(座っていられるのが)樅の話が盛り上がり気が付けば6時となっていました。

こんなところにも樅の木パワーが通用するなんて???

S様ご迷惑をお掛けしました。


今日は10時にお客様がショールーム見学の予定・・・

掃除もままならないので家族総出で準備に取り掛かります・・・

日頃から綺麗にしていれば何の問題も無いのですが・・・

予定通りにお客様が到着し歓喜の声を挙げながら見学してくださりました。

予想をはるかに超えたたたずまいだったようです♪

スリッパも出さずに「裸足になってください!」こんなの初めてと驚かれていました!

午後からの用事のために12時過ぎにお帰りになられましたが2時間ビッチリ樅の素晴らしさを体感していただくことが出来たと思います。

もちろんDGHの説明もさせていただき、興味を持っていただくことができました。

自分が座ってしまうとすぐに動けないためにお客様に「あれ取って」「これ取って」とお願いしてしまい申し訳なかったと思います。S様本当に失礼しました。



昨日病院で「安静にしてくださいね!」と言われてもそうもしてはいられません!

しかし今日は昨日とは違った部分の痛みに襲われています・・・

早く自分の足で歩きたい!



お恥ずかしいはなしですが・・・
20140201_111217.jpg


















骨盤のレントゲン写真です。

写真の最下部のメガネの様な骨が坐骨だそうです。

「折れてますね・・・」

坐骨骨折と言うそうです。

手当のしようが無い場所なのでおしりに湿布を貼って帰されました・・・

松葉杖がないと歩けない状態です。



全治一か月半だそうです・・・

関係者の皆さまご迷惑をお掛けしますがよろしくお願いします・・・

Designed by aykm.