FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
樅の木の家 今年一年を振り返って・・・
また一年が過ぎようとしています・・・

全体的に暇な一年でしたがあっという間でした。

暇と言ってもそれなりの理由もあります・・・

今年は思い切った行動に踏み切った一年でした。

「健康な住まい造り」・・・

簡単ではありません。

言葉にするだけなら誰でも出来ること。

実際に造り上げられたものにそれなりの根拠が必要です。

ちまたにあふれた誰にでもできる仕事ではなく、

自分たちにしか出来ない仕事・・・



先日年末のご挨拶まわりの際思いがけない一言を頂戴しました。

「お話しを伺っていて何かお仕事がとっても愉しそう!」

嬉しい一言でした♪



「社員に給料を払うためには仕方ない・・・」

「綺麗ごとを言ってられない・・・」

そんな言葉を良く耳にします。

会社を運営するに当たり本来それが正解だと思います。

しかし自分の性分として嘘偽りのある仕事はしたくありません。

良くないと分かっているのに「それでいい!」と言われてもできません・・・



今は分かってもらえなくてもいつかきっと理解してもらえることと信じています。

少しづつですが樅の木のファンも増えています♪

そんな“ファン”のためにも頑張りたいと思います!

今年一年ありがとうございました。



スポンサーサイト
結露対策最終章
樅の木改修を行った寝室での窓の結露の件です・・・

001_20131230001724eab.jpg


















サッシの「つば」の部分にびっしり結露水が付着しています・・・

「つば」とはサッシのアングルと呼ばれる部分で窓枠とサッシを固定する部分。

この部分の結露は窓枠に直接悪さをしますのでよろしくありません・・・

つばが断熱されれば結露が軽減できるのでは・・・

エプトシーラーと呼ばれる気密・水密材を貼り付けてみました・・・

001_201312300026521fb.jpg


















2mm程のつばの厚み部分に結露が残ってしまいました。

この部分にシーリングを施してみましたが効果はありません・・・

そして最終手段として行ったのが・・・

955 001
























樅の木で完全に覆ってしまいました!

これで結露しようがないと思うのですが・・・

明日の朝が楽しみなような怖いような・・・

955 002

955 003

955 004



























スピンオフ改修
001_20131228224928301.jpg
























足場屋さんの年内の営業が今日までだったのでこの日にバラシを決めていたのですが

昨日、おとといの天気が最悪でした!

一時はどうなることかと気をもんでいましたが何とか形になりました・・・

足場が無くても作業できる部分を残しているので明日、日曜日ですが頑張ります!


樅の木の故郷 嗚呼、麗しのドイツ Vol.10
今年のドイツ視察組も無事日本へ帰還し、旅の便りが届き始めています・・・

そうなると昨年の視察が更に過去のものとなり寂しい限りです。

まだ記憶が鮮明なうちに再び思いにはせることとします!

フランクフルト

フライブルグ

ウルム

フュッセン

ミュンヘン

と移動した旅でしたが今回は「ミュンヘン」・・・



余談ですがフュッセンからミュンヘンへの移動にかの有名な「ロマンチック街道」を通ったのですが驚くべきものを発見しました!

「ロマンチック街道」と日本語で書かれた標識です・・・

いきなりだったので写真には納められませんでした・・・



バイエルン州の州都ミュンヘンはベルリン、ハンブルクに次ぐドイツ第三の大都市だそうです。

まずはマリエン広場で行われているクリスマスマーケットへ出掛けました♪

872.jpg


















マリエン広場は、新市庁舎前に広がる広場でここを埋め尽くすクリスマスマーケットが開催されていました♪

新市庁舎はドイツ最大と言われる仕掛け時計「グロッケンシュピール」が有名な建物・・・

879.jpg
























運良く仕掛け時計を楽しむこともできました♪

877.jpg
























つづく


DGHでオムライス&鶏の唐揚
005_201312262355246c3.jpg


















オムライスと言われなければ何だかわからない形ですが・・・

オムライスです!

夕方息子から電話でリクエストがありました。

正直忙しい最中『何言ってんだ・・・』って思いますがメニューを悩まなくて済むので助かります♪

完全な“主夫”モード・・・

昨日半額で買っておいた鶏もも肉が役に立ちました♪

唐揚用だったので3切れほどを細かく刻みチキンライス用としあとはそのまま唐揚としました。

下味も付けず片栗粉をまぶしただけで揚げましたもちろん油少な目♪

卵は半熟で亀裂を入れると「とろ~っ」の予定でしたがちょっと火が入りすぎました・・・

ですがすっごく美味しいんです!

DGHはとにかく卵料理が最高にうまく出来ます!

写真で見ても美味しそうでしょ!

ソースも作ったのですがうちの家族はナチュラル嗜好のためかけさせてもらえませんでした・・・


スピンオフ改修
作業に没頭するとついつい写真を撮るのを忘れてしまいます・・・

特に塗装の作業ともなると尚更です・・・

スマホもペンキ汚れがひどくなってきました・・・

さて、屋根に続き破風板、軒天も終了しています!

003_201312252317379ce.jpg


















もちろんスピンオフです!

屋根、破風、軒裏、外壁と連続した塗装面を形成することで断熱効果がより向上します!

黒かった破風の色はオフホワイトに変更、外壁の下地も同色です・・・

ところでひどく劣化していた壁面は「造幕浸透シーラー」によって見事回復♪

5~6回は塗っています!

005_201312252325595d1.jpg
























コーキングも外壁の仕上色に合わせたものをチョイス!

その上に更にシーラーを塗っています!

006_201312252328405d2.jpg
























新品以上の表面が形成されたのでは・・・

下塗りとして全ての壁面を一度オフホワイトで塗ります・・・

そして・・・

009_20131225233317709.jpg
























悩みに悩んだ色ですが落ち着いたとても良い色です♪

008_2013122523354665e.jpg
























一度目の塗装で色を変えることによって塗りムラを防ぎ確実な層を形成することができます。

やっと窓の養生が外せます!


We wish you a Merry Christmas
018_20131224223648243.jpg


















クリスマスイブです・・・

宗教的なお祝いではありますがなぜかわくわくします♪

今年は飾りつけに掛ける時間が少なく中途半端に終わってしまいました・・・



子供はサンタさんに手紙を書いてプレゼントを楽しみにしています♪

クッキーとミルクも忘れてはいません・・・

029_20131224225139cc7.jpg
























昼間ママに手伝ってもらい自分で焼いたそうです・・・

つまみ食いして怒られました!

形によって自分なりの物語が出来ていた様です・・・

大事な“パーツ”を食べてしまった訳です・・・



夕食の準備にかける時間も無かったのですがリクエストのチキンレッグは作りました。

既製品じゃないですよ!

オリジナルのたれが最高にうまい!

これもDGHのおかげです♪

008_20131224230109a4b.jpg


















やわらかジューシー♪

美味しく出来ました♪





スピンオフ改修
009_201312232347116f1.jpg


















屋根塗装完了!

綺麗に仕上がりました♪

角度を変えて・・・

010_20131223234849cd5.jpg


















上出来です♪

スピンオフの塗装の仕上がりはローラーの種類によって全くことなったものとなります・・・

弊社では極細目の砂骨ローラーを使用しています。

当初相談した塗装屋さんには「ダメでしょ!」と言われ

事実このローラーを置いている材料屋さんも少ないようです・・・

実際には厚みも付き綺麗に塗ることが出来ます♪

012_20131223235548322.jpg


























DGHで「つくね」
012_20131222224731740.jpg


















鶏胸肉で作りました・・・

しいたけ・えのき・大葉がたっぷり入っています。

卵の黄身に絡まして食します・・・

「モミフェス」
066.jpg


















「樅の木の家ウィンターフェスタ」

念願かなってお餅つきを行うことができました♪

地元の方のご協力なしでは成し遂げられなかったことと思います!

改めましてお礼を申し上げます。

それにしても経験者が多いことに驚きました!

返しのベテラン・・・

伸ばしのベテラン・・・

教えていただくことばかりです!

30kgのお米をつくと言うことで驚かれたのですが一度につく量が二升なので

単純計算で10回つくことになります・・・

やりだすとつき手にこまることもなくスムーズに進みます・・・

と言うのも、「つきたい!」人ばかり・・・

自分ももう終わると言う時に一回だけつかせてもらいました♪

不格好な姿をどうぞ・・・

070.jpg
























「強すぎる!」と声が上がっていました・・・

いきなり強くつきすぎたようです・・・

何事にも加減と言うものがあるんですね・・・

子供や女性陣からも名乗りが上がりついてもらいました♪

050_2013122323252636d.jpg

043_20131223232601e55.jpg

041_20131223232634094.jpg

056.jpg

059.jpg
























みんな最高の笑顔です♪

DGHでは「ソフトケンピ芋」を作り皆さんにふるまいました♪

非常に反響が良くDGHに関する質疑も飛び交いました♪

068.jpg


















DGHで沸かしたお湯で鹿児島 尾込商店「さつま寿」のお湯割りを振る舞い改めてうまさを実感していただきました!

初めての試みでしたが皆さんの最高の笑顔に勇気づけられました!

来年も必ず行います!

001_2013122323394830b.jpg























健康な住まい造りの会「樅の木の家」関東定例会
016_20131220235430761.jpg


















今回の定例会のホストは、長野県諏訪市の(株)住工房Kさん・・・

という訳で上諏訪にある体感ハウスにお邪魔しました。

002_20131221000000927.jpg


















温泉旅館を思わせるゆったりとした空間の演出が素晴らしい建物でした。

007_201312210004302fd.jpg
























お風呂は、温泉が引かれています♪

010_201312210006482b1.jpg


















憧れのアイランド型キッチン・・・

スッキリと物が納まる背面収納・・・

どれも素敵でした♪

樅の木の羽目板「ユングフラウ」を目透しに張る工法が斬新に感じられました。

わざと隙間を空ける手法です。



折角上諏訪温泉まで来たので定例会の後は忘年会です♪

何事も忘れることなく来年度に生かせるよう頑張りましょう!


笠原社長、年末の忙しい最中段取り等ありがとうございました。

今回参加された会員の皆さんも同様にありがとうございました。



スピンオフ改修
005_20131218232729176.jpg


















屋根塗装一回目完了!

下塗りがしっかりできているのでスムーズに作業が進みます。

003_201312182330024e5.jpg
























軒天井の写真ですが“艶”分かりますか?

ケイ酸カルシウム板と言われる素材なのですが吸い込みが激しくここまでになるのに三度塗りです!

本来の目的が達成されるまで材料を惜しむことなく使用することが大切です・・・


スピンオフ改修
3 001


















いよいよスピンオフを塗りに入りますがその前にやることが一つ・・・

スレート屋根の場合、通気性及び排水性を確保するために「タスペーサー」と言う縁切り部材を設置します。

3 002


















91cm巾のスレート一枚に2枚づつ入れます。

60㎡ほどの屋根ですが800枚近く使いました・・・

これで下準備完了。

3 004
























よ~く撹拌します・・・

この色は銅版葺きの屋根の様な素敵な色です。

何度か使わせていただいていますが人気あります♪



樅の木の家に今年もサンタがやってきました♪
082.jpg


















この時期にると・・・

「いつ完成ですか?」

と聞かれて困ります・・・

何処までやって完成なのか自分が分かっていません・・・

年々身体にも堪えます・・・

この“サンタセット”を取り付けるのもいよいよ命がけとなってきました・・・

建物の飾りつけはとりあえず完成!

建物の飾りつけは思われるほど大変ではありません・・・

植栽の飾りつけが一番大変なんです!

今も飾りつけ真っ最中・・・

ブログ更新のためにしばし休憩・・・

2:00amは必至でしょう・・・



DGHで「黒酢酢豚」

急に酢豚が食べたくなって

やっぱり黒酢かなぁ・・・でも高いよなぁ・・・ってスーパーの酢のコーナーを物色していると「鹿児島」の文字が目に付きました。

「壺づくり純米黒酢」と書かれたラベルには桜島をバックに壺が並んだ見覚えある風景写真が・・・

500ml瓶で1,000円弱と一番高かったのですが思い切ってカゴの中へ・・・

豚肉はヒレブロックが特売だったのでそれに決定!



クックパッドで美味しそうな写真のレシピをアレンジしてDGH調理スタート!

タレを作っていると「何か酸っぱい臭いがする!」と家族全員からブーイング・・・

二才の娘も一緒になって「すっぱいよー」って鼻をつまんでいました・・・

味見をしてみてもどうもおかしい・・・

仕方なくもう一度やり直したのですが、「水」を加えるのを忘れていました・・・

二度目はバッチリ!

息子はおっかなびっくり食べ始めましたが「うん、美味しい!」と食べてくれました♪

妻も酢豚はあまり得意ではないのですが「これは美味しい!」とバクバク・・・

冷蔵庫に眠っていた人参を全部入れてしまったらちょっと多すぎたみたい・・・

でも人参調理はDGHが得意とする野菜の一つ・・・

息子は人参が得意ではないのですがDGHで調理した人参は「美味しい!」と言って食べます♪



昨夜炊いたご飯が鍋の中にそのまま残っていたのでチャーハンにしました・・・

080.jpg






















樅の木改修 リビング
006_2013121322361065e.jpg
























天井は、ユングフラウ8A。

腰壁も、ユングフラウ8A

床は、フォレストキング18Au。

素適な空間が出来上がりました!

013_20131213224027e22.jpg


















同じ家具が置かれていますが存在感がUPした感じを受けます・・・

床の色が明るいってホント素敵です!

006_20131213224216c6e.jpg
























改修前はこんな感じでした・・・

005_201312132301365a4.jpg
























014_20131213225510779.jpg
























和室との段差も無くなりました・・・

今まで使っていた障子の丈を伸ばして再利用します。

今日、表具屋さんへ届けました。

障子を建て込んだらまたご紹介します。

スピンオフ改修
003_20131212221515073.jpg
























外壁は釘止め式の窯業系サイディングボード張りですが、

有名ハウスメーカーの物とは思えないお粗末な施工です。

釘が極端に少なくその分暴れがひどくなっているようです・・・

写真の部分は、一見状態も良いようですが、良く見ると釘があるべきところに見当たりません・・・

明日増し締めを行います。

とりあえず今日の作業は状態のよくないコーキング材の撤去・・・

カッターの刃を入れ抜き取ります・・・

004_20131212222353771.jpg
























コーキングはさすがに二面接着が守られていたので比較的容易に抜き取ることができました。

“二点接着”とは左右の外壁材のみに接着すると言うことで奥に青く見える部分には接着しないように施工する方法を言います。

三面接着になってしまうと引っ張り合いが激しくなって亀裂が入ったりします。

002_20131212223754429.jpg
























目地が太く奥の青い部分以外の隙間にコーキングが入り込んで三面接着になってしまった結果です・・・

見た感じ即雨漏りと言った感じですが、結構大丈夫だったりするみたい・・・

しかしサイディング板自体が切り口や裏側から水を吸うこととなりかなりもろくなります。

その結果が・・・

001_201312122243488d0.jpg
























こうなると普通の下塗り剤では成り立ちません・・・

日本ペイントの「ファイン浸透造幕シーラー」を何度か塗り重ねる必要があります。

二液のシーラーで15kgセット30,000円。

屋根・外壁で3セット使います・・・

コーキング一つ抜き取るだけでも「どうしてこうなる?」と考えながら手順を勧めると理由が見えてきます。

現場は勉強になります!

この現場、プライマー(コーキングの付着を良くするための下塗り)もあやしいです・・・


スピンオフ改修
004_20131211225038c85.jpg


















洗浄がやっと終わりました・・・

塗装屋さんは洗浄を2~3時間で終わらせてしまうけどどんな魔法を使っているのだろう・・・

ついでに洗いたいところもたくさんあるし、

本来の目的を考えれば時間がかかって当然なはず・・・

足場もそうだがこういった作業に適正価格を反映すべきなのだが軽視されがち・・・

お客様にしっかり理解していただこうと思います。

スピンオフ改修
955 005


















この時期雨を狙って洗浄をするのはまず無理・・・

と思っていたら雨の予報・・・

願ったり、叶ったりと思ったら爆弾低気圧だって言うじゃないですか・・・

くずれ過ぎです・・・

稲光が走ったり、雹が降ったりしましたが突風が吹くようなことはありませんでした。

写真は洗浄前の状態・・・

洗浄を自分が行っていたので写真がありません・・・

今日は屋根の洗浄だけで目いっぱいでした・・・

明日も引き続き洗浄です!

洗浄に2日もかける塗装屋さんなんて聞いたことないですね・・・

屋根材の状態は良いのですが堆積物の付着がひどすぎます!

スピンオフ改修
現在樅の木改修を行っている T 様邸では、外装工事も行います。

屋根、外壁共に断熱塗料「スピンオフ」の採用が決まっています。

本日足場の工事が完了しました・・・

027_20131210000834b59.jpg
























955 007
























今月28日に足場の撤去が決まっています。

スピンオフとその施工について順次ご紹介していきます。

樅の木の故郷 嗚呼、麗しのドイツ Vol.7
現地三日目、ウルムでの自由時間を終えロマンチック街道の終着地「フュッセン」を目指します。

ちなみに昼食も各自済ますとのことでしたがゆっくり食べる時間もなく

集合場所へ向かう途中のマクドナルドでお持ち帰りとしバスの中で「いただきま~す!」

ちなみに購入したバーガーは「1955 BURGER」

マクドナルド創業時の味とか・・・

561.jpg


















563.jpg


















車内に特有な匂いをまき散らせながらとてもおいしくいただきました♪

バスはひたすらフュッセンを目指しますが俗に言う「ロマンチック街道」とは別の道・・・

単調な風景だったような・・・

フュッセンの町では、今までの町のようなクリスマスマーケットは行われていませんでした。

ホテルから町中のレストランまでは徒歩で移動だったのですが、一人先に出た自分は何を血迷ったか全く正反対の方向を目指してしまいました・・・

出会う人もなくいい加減歩き“第一村人”を発見し渡されていた地図を見せて反対であることを教えられました・・・

まったくの不覚。思い込みから、はなから地図をみていませんでした・・・

それからが地獄!マルサ工業の佐藤社長の鬼のような不機嫌な顔が脳裏をよぎります・・・

走れ!走れ!息を切らしてやっと到着。皆さん本当にご迷惑をお掛けしました・・・

715.jpg
























何とかおいしい食事にありつくことができました。

店の女性が小さな樽に入ったお酒を上向きに開かされた口の中に注ぎ込むという風変りな遊び(?)で大変盛り上がりました!

726.jpg


















とても静かな町で人影もまばらであるにもかかわらずなぜかこの一角にはたくさんの子供たちが遊んでいました。

酔っぱらった日本の大人たちは子供たちに大人気!

カメラを向けるとたくさん集まってきました・・・

730.jpg
























本当に人が居ない・・・

たまたま撮った写真ですが正面奥の建物が「ホーエス城」と言う有名な建物だそうです。

背の高い塔は時計台のようです。



スマホの万歩計を見ると15,000歩を超えていたのを思い出しました!

今となっては良い思い出です・・・

樅の木の故郷 嗚呼、麗しのドイツ Vol.6
今日フェイスブックで前田産業の前田社長がドイツに居ることを知りました・・・

羨まし~ぃっ!

自分はと言うと過去の写真を見ながら記憶をたどります・・・

ウルムを発つ前に立ち寄ったのが「バウハウス」と言うホームセンター。

周辺には大型店舗が立ち並び、IKEAもありました・・・

そもそもホームセンター大好き!なので端から端まで見ないと気が済まない・・・

完全に単独行動です・・・

クリスマスシーズンと言うこともあり樅の木売り場が面白かったのでご紹介します!

546.jpg
























まず好みのツリーの価格を調べます・・・

ドイツで樅のことを「タンネ」と言いますが「タンネン」は複数形です。

538.jpg


















樅を選びます・・・

539.jpg
























へんてこりんな筒の中に樅を元(切り口)から突っ込みます・・・

543.jpg
























544.jpg
























ウィンナーの要領でしょうか・・・

筒に被せてあるネットの中に押し込まれて行きます・・・

545.jpg
























はい!完成・・・この状態でお持ち帰りです・・・

536.jpg
























房枝も売られています。

この枝は「ドイツトウヒ」の物です。

樅より少し安いようです・・・

確か2~3€くらいだったような・・・

感覚としては、日本の「松」と一緒ですかね・・・

ドイツでは吊るして使うようです。

553.jpg


















手前は「ヤドリギ」奥が「モミ」または「トウヒ」です。

樅の木改修 ユングフラウ8A
ユングフラウはアルプス山脈で標高4,158mを誇る山の名前です・・・

樅の木の羽目板にはこの名前が当てられています。

名前はドイツ語で「処女」を意味するようです。

山の雄大さからのイメージではなく守られていると言った感じなのでしょうか・・・

商品としてのユングフラウは山のイメージではなく

言葉そのものの意味を連想させるような清楚でとても美しい表情をもっています。

普段何気なく使用していますがふとした時、その美しさに改めて気づかされることが多々あります。

今回の改修では床の工事が中心の予定でしたがこのユングフラウにも目を向けられることとなりました。

007_2013120623330147e.jpg


















この空間にユングフラウを張ると・・・

001_201312062335365e7.jpg


















装飾が個性的な照明器具を排除してLEDダウンライトを配置しました。

昼白色と電球色のカクテル光とし、調光機能も備えています。

ユングフラウはの表面は鏡面的な光の反射をしません。

左側の壁の影にブラケットライトがあるのですが

その光が天井に優しく照らされているのが見て取れます。

003_201312062345426ea.jpg


















その反面LEDの光源はとても眩しく、直視し続けると網膜に害を及ぼす危険があるそうです!

直視しないよう気を付けてください!!


樅の木にできること 追記
030_20131205215904941.jpg


















窓の結露がどうなったか?

残念ながら変化ありません・・・

理論上は、発生した水蒸気を含める木材量なのですが、

サッシの急激な温度変化には、どうしても太刀打ちできないと言うことです・・・



今回のことで面白い事実に直面しましたのでご紹介します。

木材が一日の湿度変動で水分を出し入れする深さは表面から3mmだそうです!

部屋の内装材として考えると部分的に厚い木材があるより

表面積を増やすことが大切であることが理解できます。



お客様は「結露は無くならなかったけど部屋の快適性が予想以上で大満足♪」とのこと・・・

有難いお言葉でした・・・

とりあえず結露水が悪さをしないよう対策を検討します・・・

028_201312052227515ef.jpg


















樅の木改修 玄関収納
053_20131204231726707.jpg


















T 様の悩みは、玄関を埋め尽くす生活用品と家族5人の靴・・・

何処のご家庭でも悩みの種なのでは・・・

048_201312042321240d4.jpg
























備え付けられている下駄箱は小さく周辺の空間は無駄に広い・・・

「何とかして~」

と言うことで全面クロゼットにしちゃいました!

ml 009
























ml 007
























ホールから客間に入る出入口は、ほとんど使用していなかったようなのでその部分の利用を考えました。

戸襖はそのまま残す事で奥行が増し、更に物入の有効利用ができます。

ml 012
























下のスペースには自転車とゴルフバックが納まります。

天袋に当たる部分を除いて、76足収納できます!

ml 005
























ml 003
























ml 004


















手前の床下は土間(タイル面)が残っていますのでここにも収納可能です。

樅の木改修 階段完了
043_20131203214201fb5.jpg
























比較的順調に進んだ階段のカバー工法ですが、廻り階段で大苦戦・・・

全て削り付けのため一日に2段しか進みませんでした・・・

自分が張っている訳ではないので「えっ!」て感じですが、

自分だったら一日一段も終わらないのかも・・・

更には、材料も倍使ったりして・・・

とにかく大工さんに感謝です!

当たり前に考えがちですが大変な作業です。

苦労のたまものがこれ・・・

007_201312032152082e3.jpg
























張り上がりを見ているだけでは苦労は伝わりませんね・・・

038_20131203215444c08.jpg
























たまには、褒めてあげないといじけちゃいますね・・・

感謝しています。

このブログを見ることは無いと思うので結局気持ちは伝わらないでしょうが・・・

006_20131203215839788.jpg
























こんな事あまり口にしませんがうちの大工さん本当にいい腕してます。

写真では細部まで伝わらないのが残念です・・・

ちょっと飲みすぎましたかね・・・

この辺にしておきましょう・・・

ところで、蹴込み板はこのままとします。

色味的には決して悪くないと感じましたので・・・

ご意見ありましたらお願いします。

DGHでエビフライ
世間では、エビの種類について細かく穿鑿されているようです・・・

このエビは、ブラックタイガーです・・・

鮮魚屋さんで頭のついたものを購入しました!

エビフライ、えびの天ぷら共に作った経験はありますが「ピーン」とまっすぐ揚げた記憶がない・・・

まずそこにポイントをおきました・・・

004_20131202232007fb2.jpg
























どうです!DGHだとエビがまっすぐに・・・

あり得ません!

これは、単に調理人の努力でしか成しえません。

DGHの効果はとにかく“ふっくら”するのが特徴みたいです♪

005_2013120223254958a.jpg


















この食いっぷり見てください♪

両手に掴んでいます・・・

10本揚げたのですが子供たちにほとんど食べられてしまいました♪

と思っていたら妻もしっかり3本食べたそうです・・・

私の食い分は1本と娘から「はい!」された半分でしたが、お世辞抜きで“店”の味でした♪

009_20131202233305dcd.jpg


















この笑顔だけで満腹です♪♪♪





樅の木の故郷 嗚呼、麗しのドイツ Vol.5
640.jpg
























ドイツ三日目の朝は、ウルムで迎えました。

まずは、世界一高い大聖堂の見学・・・

その高さは161.53m。

141mの展望台まで768段の階段で上ることが出来るとのことで愉しみにしていたのですが、

石段が凍結していると言う理由で叶いませんでした・・・ホッ

教会内部には数多くのステンドグラスが飾られていて見どころはたくさんあります。

622.jpg
























627.jpg


















静寂の中、厳かな雰囲気が漂います・・・

全てが“絵”になります・・・


ウルムは、ドナウの水運で栄えた町だそうで随所にかつての繁栄の名残を見て取れます。

入り組んだ水路の周りには古い木造の家が立ち並んでいます。

もっとも有名な古い家は、1433年に建てられたと言う「シーフェス・ハウス」。

「シーフェ」とは「傾いた」と言う意味だそうです。

655.jpg
























外観はすごいことに成っていますが、内部は近代的設備を備えたホテルとして営業しているそうです。

他にもディズニーランドの「トゥーンタウン」を思わせるような不思議な家がたくさんある町です・・・

680.jpg
























これらの建物が立ち並ぶ一角を抜けると市庁舎の前に出ます・・・

685.jpg
























色鮮やかな壁画がみごとな建物・・・

何と1370年に建てられたと言うから驚きです。

693.jpg
























この後大型ホームセンターを見学して、三泊目の町「フュッセン」に向かいます・・・



Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。