FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
工務店が塗装工事を監修すると Vol.2
168_R_2018110417501262d.jpg

















塗布式断熱材「スピンオフ」は、アクリルシリコン樹脂に特殊セラミックを調合した塗料で落ち着いた艶消し仕上げとなります。


写真は、平成3年に弊社が新築させていただいた横浜市旭区のT様邸・・・

一度外装塗装を行いましたが、その時は見た目重視のタイル調を意識した「二色塗装」に挑戦‼

サイディングメーカーに依頼して、塗料メーカー専属の職人さんが施工に携わって下さり、それなりに満足いく仕事が出来ました。

それから十数年の月日がたち劣化が目立ってきたので今回の計画となりました。


外装塗装工事には、大きく二通りの考え方があると思います。


一つは、一般的に塗装屋さんが行う「美観」を重視した塗装・・・

誰もが分かりやすいピカピカした光沢のある塗装です。

この艶が嫌で、艶消しを希望すると・・・

「持ちが悪いですよ‼」

と言われます・・・

確かに、元々艶のある塗料に添加剤を入れ艶を落とすので対候性が低下します。

本来なら、一度艶のある塗装を施し、仕上げに艶消し塗料を被せます・・・

一般住宅の塗装では誰も行わない仕事です。

艶消しにするのは、手間が掛かるだけではなく、非常に難しい仕事になります。


もう一つは、家自体の寿命を延ばすための塗装・・・

家をダメにするのは「水分」です。

気付かない「雨漏り」と「結露」です・・・

「結露」はいたるところで発生します。

結露を制御すれば家の寿命は間違いなく伸びます‼

「塗布式断熱材」は結露を軽減させるために非常に有効に働いてくれます・・・

後手になりましたが、「雨漏り」・・・

工務店が監修する最大の理由がここにあります‼

家造りのプロフェッショナルである我々が足場の架かった建物を隅々までチェックすれば大抵の判断が付きますし、即座に修繕することができます・・・

もちろんそれなりの費用が掛かりますが、長年にわたり安心が続く訳ですから決して高くはないと考えます。



まだ続きます・・・







スポンサーサイト
工務店が塗装工事を監修すると
101_R_20181007131203254.jpg

















家造りを担う工務店は、全ての職種に精通する必要があります・・・

または、信頼できる協力業者に恵まれることが必須。

例えば塗替え工事の依頼を受けた場合、塗装工事店が現場に出向き、経験を基に必要な工事の見積りをします・・・

お客様は、提出された見積書の金額が予算に合うかどうかを判断するのみです・・・

工務店が塗装業務に精通していれば、自ら工事見積りを作成できます。

その際、建物の姿図は、必ず用意します・・・

なぜならば、施工面積を明確にするために必要だからです。

そして工務店の立場からどのような塗装が必要なのかを提案します・・・

工事によっては、信頼できる塗装業者に依頼した方が安くできる場合もあります。

やはり、経験がものを言います・・・

しかし、弊社が認定施工店となっています塗布式断熱材「スピンオフ」は、全く別の考えが必要となります。

従来の塗料とは一線を画する塗料(?)なのです・・・


つづく







塗装の話
006_20170402235919623.jpg

















工務店としては、非常に申し上げにくい話ですがあえてお伝えします・・・

写真は、軒天井に断熱塗料「スピンオフ」を塗るための下地塗装の途中です。

基板は、塗料の吸い込みが激しい防火板なので既にシーラー処理がなされています。

「シーラー」とは、下地の特性に合わせ、上塗り塗料を密着させるための塗料です。

覆い隠すというイメージ・・・

「プライマー」という塗料もありますが、これは密着しにくい素材を互いの仲持をする接着剤の役目をします。

写真は、「フィラー」と呼ばれる塗料で、粘性が高く、基板の不具合を補うことを目的とした塗料・・・

シーラーの効果もありますが、何らかの下地処理が必要です。

ですから一般的には、塗り替えの際用いられる下塗り材がこの「フィラー」となることが多いです。

さて、写真のアップを見てください・・・

007_20170403001811f57.jpg

















一回塗っただけでは、この程度しか塗り付けられません・・・

一般的な塗装やさんは、「下塗り1回、上塗り2回、計3回塗り」と言います・・・

塗料メーカーは、“回数”は問いません。

必ず、㎡あたりに必要な分量を指定しています。

この場合2回塗ると・・・

011_20170403002344e05.jpg

















こんな感じに下塗りが出来上がります(^^♪

これなら上塗りもしっかり乗ってきますから・・・

そんな訳で、弊社の塗装工事は、基本自社責任施工!

手間も、材料も食います・・・

結果、工期も伸びます・・・

と言うのも、2回目の塗装が、その日にできない場合もあるからです。

材料も、「安い物」ではなく「良い物」を厳選するのではっきり言って高いです。

材料やさんに相談しながら決定したりしていますが、そのチョイスには、太鼓判をくれます。

正直、値段重視で目的に合ってない塗料を使う塗料やさんが多いと嘆いています・・・



良く、役所や消費者センターなどで、「住まいの塗り替えセミナー」等開催していますが、こんなことを指摘することはありません。

「何社か、合い見積もりを取ることが望ましい・・・」的なことを言っているだけです・・・

そもそも、建物の実面積を見積りに反映している会社が、自分の認識上ありません・・・

と言うことは、適正な材料の量さえわからないということです・・・

正直、自分も最初は、良く解っていませんでした・・・

断熱塗料「スピンオフ」を施工するようになって理解しました。

今は、この考えを解ってくれる塗装やさんとのお付き合いも始めています。

地道に行きます・・・


断熱塗料「スピンオフ」
DSC_1366.jpg
















夕日を浴びて黄金色・・・

この写真では現場の感動は伝わりませんね・・・

003_201702160829296ec.jpg
















破風・軒天は毎度の断熱塗料「スピンオフ」で仕上げています(^^♪

塗布式断熱材「スピンオフ」屋根完了!
五十嵐様邸スピンオフ屋根 006















色は、その都度調合して作ってもらいます。

写真だと、西日が当たっている関係上濃いめに見えますが、「青銅色」に近い上品な色です・・・

特殊なローラーで塗っていますが、3回以上塗らないとこの感じにはなりません。

「塗布式断熱材」は、施工方法によって性能が左右されます。

そのあたりの知識が無いと施工は無理でしょう・・・

時間もそれなりに掛かります・・・


Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。