FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
工務店が塗装工事を監修すると Vol.5
工務店が塗装工事を監修すると・・・

それは、立派なメンテナンス工事で「維持管理」の一環。

“みすぼらしい”外観を単に綺麗にする「塗替え」とは訳が違います・・・

その辺りに大きな誤解があります。

「これから先少しでも長持ちさせたい‼」

こんな気持ちで作業に当たれば当然余計な作業も増えてしまいます・・・

よく見かける塗装工事の現場・・・

作業期間が非常に短いです。

お客様にしても目障りな足場は防犯面でも不安だし少しでも早く終わらせたいと思われることでしょう・・・

しかし、いくつもの疑問が発生します・・・

塗装工事には、「高圧洗浄」という作業が伴います・・・

この作業にしても数時間で終えてしまう業者、二日掛ける業者と様々です。

下地のコーキング作業や塗装工事も次から次へとスムーズに進められていきます・・・

業者は決められた工程を段取り良く進め、一見手慣れた熟練作業に見えてしまうのですが本当にそうでしょうか・・・

それぞれの作業には「オープンタイム」というそのものの性能が発揮されるまでの待機時間があります・・・

いつまでに終わらせないといけないという自分たちの都合で進められているとしか思えない仕事が横行しています。

多少の決めごとを無視したからと言って仕上がりの綺麗さには現れません。

「少しでも長持ちさせたい」という部分で差が生まれます。

仕事を依頼する側の意識改革が必要と思われます・・・

022_R.jpg

















窯業系サイディングは、表面の防水性が失われると次第に“風化”が進みます…

そんな脆弱した表面を活性させるために有効なのが「浸透造膜シーラー」。

“風化”の度合いによっては二度、三度の塗り重ねが必要になることもあります。

基材の状況、作業の進行による成果など常時見極めながら仕事をすればそれなりの時間は掛かります・・・






スポンサーサイト



工務店が塗装工事を監修すると Vol.4
新しいものばかりを作り続けていると「流行」とか「カッコいい」ということにとらわれがちになります・・・

先人たちが経験してきた失敗を忘れて同じ過ちを犯してしまう・・・

例えばコロニアル屋根の塗り替えが行われ始めたころ原因不明の雨漏りが横行しました。

一枚一枚のスレートを千鳥に葺くことで適度な隙間が生まれ、雨水の排出がなされていたところを良かれと思い塗料をジャブジャブ塗り付けた結果、上部で入った雨水が行き場をなくし、釘穴から小屋裏に侵入していたのです・・・

原因が分かり、スレート屋根の塗り替えの場合、最後に一枚一枚「縁切り」という大変手間の掛かる作業が行われていました。

この状況を知ったとあるメーカーが「タスペーサー」なる商品を開発して今や当たり前に使われています。

メーカーは、雨漏りのメカニズムと商品の使用方法をしっかり説明しているにもかかわらず、意味をよく理解せずにただ無意味に商品を使っている施工店があることを知りました。

まず、本来の使用方法をご説明します・・・

110_R.jpg

















雨水が侵入するのは、板と板の突合せ部分・・・

ここから入った雨水がスムーズに排出できるように「タスペーサー」なる部品を設置、概ね15㎝くらいが適切。

070_R.jpg

















大手ハウスメーカーの10年点検で継続保証のために行った工事です。

写真は、更に10年経ったところです。

「タスペーサー」は、1枚91㎝のスレートに2個設置します・・・

写真では91㎝の中央に1枚設置されているのが分かります。

致命的な雨漏りには至っていませんが、野地板(下地の板)にどのような不具合が起こっているかを案ずるところです。

この現場ではさらにひどい施工を発見してしまいました・・・

075_R.jpg

















雨樋が“お辞儀”しているのが分かるでしょうか・・・

これも、先人の知恵によって産み出された商品を良く理解していないまま使用した例です。

昔の雨樋金具は樋を下から支える構造でした・・・

積雪などによる上からのチカラにはめっぽう弱い構造です。

現在では、ほぼ全ての雨樋が上から吊る構造となっています。

にも拘わらず・・・

074_R.jpg

















金具のビスが下方のみの固定で上部に打たれていません。

まれに見るケースとは思いますがもう一度言います・・・

大手ハウスメーカーの仕事、更には2度の継続点検を済ませています。

哀しくなります・・・

工務店が塗装工事を監修すると Vol.3
328_R.jpg

















塗布式断熱材「スピンオフ」が一般の塗料と一線を画すとのお話し・・・

どんな塗料でも理屈は同じなのですが、“断熱塗料”として嘘をなくすために大変重要なこと。

材料の使用量が問題となります。

セラミック塗料ゆえにボテボテした材料なので大変塗りにくいです・・・

一見塗れた様であってもムラになりがち・・・

塗装やさんがよく口にする「二回塗り」では、成り立たない場合が発生します。

水性塗料なので水で塗りやすさを加減しますがその分増えた材料を使い切る必要があるからです。

現場ごとに事情が違いますし、一つの現場の中でも場所によって傷み具合が違います。

どれだけ現場を“愛する”ことができるかということです。

私がこの塗料と出逢った当初は協力工事店の塗装やさんに施工してもらっていましたが、「こんな面倒くさい仕事はできない!」と断られてしまいました。

次から次へと塗装工事に追われる大変忙しい会社になってしまっていたからです・・・

間違ってもこの様な「質より量」を選択する業者にはかかわって欲しくないと思います。

もちろん、全てが悪い訳ではありません。こだわりを持った「その道のプロ」も沢山います。

その見極めは大変難しいです・・・

先日、大手ハウスメーカーが継続点検保障更新のために塗装工事を行った現場を拝見する機会がありました。

その様子は次回お伝えします・・・



工務店が塗装工事を監修すると Vol.2
168_R_2018110417501262d.jpg

















塗布式断熱材「スピンオフ」は、アクリルシリコン樹脂に特殊セラミックを調合した塗料で落ち着いた艶消し仕上げとなります。


写真は、平成3年に弊社が新築させていただいた横浜市旭区のT様邸・・・

一度外装塗装を行いましたが、その時は見た目重視のタイル調を意識した「二色塗装」に挑戦‼

サイディングメーカーに依頼して、塗料メーカー専属の職人さんが施工に携わって下さり、それなりに満足いく仕事が出来ました。

それから十数年の月日がたち劣化が目立ってきたので今回の計画となりました。


外装塗装工事には、大きく二通りの考え方があると思います。


一つは、一般的に塗装屋さんが行う「美観」を重視した塗装・・・

誰もが分かりやすいピカピカした光沢のある塗装です。

この艶が嫌で、艶消しを希望すると・・・

「持ちが悪いですよ‼」

と言われます・・・

確かに、元々艶のある塗料に添加剤を入れ艶を落とすので対候性が低下します。

本来なら、一度艶のある塗装を施し、仕上げに艶消し塗料を被せます・・・

一般住宅の塗装では誰も行わない仕事です。

艶消しにするのは、手間が掛かるだけではなく、非常に難しい仕事になります。


もう一つは、家自体の寿命を延ばすための塗装・・・

家をダメにするのは「水分」です。

気付かない「雨漏り」と「結露」です・・・

「結露」はいたるところで発生します。

結露を制御すれば家の寿命は間違いなく伸びます‼

「塗布式断熱材」は結露を軽減させるために非常に有効に働いてくれます・・・

後手になりましたが、「雨漏り」・・・

工務店が監修する最大の理由がここにあります‼

家造りのプロフェッショナルである我々が足場の架かった建物を隅々までチェックすれば大抵の判断が付きますし、即座に修繕することができます・・・

もちろんそれなりの費用が掛かりますが、長年にわたり安心が続く訳ですから決して高くはないと考えます。



まだ続きます・・・







工務店が塗装工事を監修すると
101_R_20181007131203254.jpg

















家造りを担う工務店は、全ての職種に精通する必要があります・・・

または、信頼できる協力業者に恵まれることが必須。

例えば塗替え工事の依頼を受けた場合、塗装工事店が現場に出向き、経験を基に必要な工事の見積りをします・・・

お客様は、提出された見積書の金額が予算に合うかどうかを判断するのみです・・・

工務店が塗装業務に精通していれば、自ら工事見積りを作成できます。

その際、建物の姿図は、必ず用意します・・・

なぜならば、施工面積を明確にするために必要だからです。

そして工務店の立場からどのような塗装が必要なのかを提案します・・・

工事によっては、信頼できる塗装業者に依頼した方が安くできる場合もあります。

やはり、経験がものを言います・・・

しかし、弊社が認定施工店となっています塗布式断熱材「スピンオフ」は、全く別の考えが必要となります。

従来の塗料とは一線を画する塗料(?)なのです・・・


つづく







Designed by aykm.