FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) Comment(-)
コロニアル屋根のカバー工法.
2月28日(水)

再来週から始まる外装メンテナンス工事の屋根替えに関わる打合わせのため、板金屋さんの現場にお邪魔しました(^O^)

丁度、屋根の改修工事中で、請負会社には申し訳ないと思いつつ、他社がどんな工事を行っているのか見せていただく良い機会と思い見学させていただきました(^^;)

既存コロニアルの上に断熱材付のガルバニューム鋼板を張る「カバー工法」。

つい最近までコロニアルは微量ながらもアスベストが混入されていました・・・

剥がすとなるとその処理費はバカになりません。

一般住宅で、処分費だけで30万円~掛かります(^^;)

依って「カバー工法」が一般的なんです。

しかしこの工法には問題が多いんです・・・

全てがそうという訳ではないのですが、少なくとも見せていただいた現場の屋根は誰の目から見ても波打っています・・・

下地の状態が良くないことが明らか。

「臭い物には蓋をしろ‼」的な・・・

この現場の場合、垂れ下がった雨どいも交換することなくそのまま塗装で済ますとのこと・・・

板金屋さんの話だとお施主様の意向だそうです。

また「当たり前・・・」の話になりますが、お施主様の意向を尊重することは当たり前・・・

しかし我々はプロとして今後考えられるであろう様々な不具合を想定することができます・・・

お施主様の満足だけを考えているのであればそれでよいのかもしれません・・・

求められたことだけをこなしていても、満足で終わり、感動には至りません・・・

プロとしてのスキルを活かし、正直な仕事を提案するべき・・・

受入れられない場合は、その仕事をするべきではないと考えます。

そのくらいの思いがなければ本当の感動を得ることは出来ませんよね・・・

スポンサーサイト
「バカ」?
その昔・・・

「バカな子なので、行く学校もなく、大工にでもしようと思います・・・」

「バカ言っちゃいけねぇ!バカに大工は務まらねぇ!」

そんな話を聞いた覚えが・・・

私の親父も中卒で大工になっていますが、その当時「バカ」だったのかどうかは知りません・・・

中卒で立派な職人となっている人はたくさんいらっしゃいます。

進学しない=「バカ」

上記は成り立つことではないでしょう・・・

さて、現在進行中の湘南茅ヶ崎樅の木の家では、階段造りの真っ最中!

敷地の形状に合わせた変形した建物・・・

その階段室の中心にヒノキの丸柱が立つ廻り階段。

図面にするのは簡単ですが、いざ造るとなると結構大変です・・・

どう納めるかは、大工さんに委ねています。

化粧の丸柱なので、失敗は許されません・・・

かなりのプレッシャーでしょうね・・・

229_2017020723485785d.jpg


























私が、他所の建設会社で現場監督をしているときにこんな大工さんがいました・・・

階段を一向に造ろうとしないのです・・・

最後の最後、工期がなくなり応援の手が入ります・・・

その大工さんにお願いする仕事が階段造り。

当時、階段を苦手とする大工さんは多かったと思います・・・

大工に満たないそんな人たちを「大八」とか「大七」と呼んでいました。

その後、プレカット階段が主流となり、組み立てるだけの仕事に成り下がりました。

現在の工期の短い建物、そのほとんどはプラモデルみたいなものです・・・

良いか悪いかの判断はつきかねますが、少なくとも私は好きではありません。

多分、多くの建物は「大八さん」、「大七さん」が建てているのでしょうね・・・


話を戻しますが、縦横直角な空間での階段造りと比べると変形した空間での仕事はやはり厄介・・・

かかる時間が倍ほど違います。

時間は掛かっていますが着実に形となっていきます。

確かに「バカ」には出来ない仕事だと思います・・・

現在、私が理想として取り組んでいる建物にはこの様な本当の「大工」さんが必要不可欠・・・

弊社の場合、弟なので中々言葉として表せていないのですが、本当に感謝しています♪

尊敬してます!頑張ってね(^^♪


「樅」の端材は、俗に言う「端材」ではない!
樅の木の製材を行っている、宮崎県小林市の「前田産業」さんでは、大変貴重な樅の柾目をいかに無駄なく利用するかを日々考え、俗に言う、「端材」=「廃材」が極力出ない様努力されています。

樅を建材として加工する「マルサ工業」さんでも同様に「端材」を利用したグッズ作りにも余念がありません・・・

我々工務店も同じです。

我が社では、「端材」は財産・・・

お客様には、うちの物であることをアピールしています。

“ゴミ”でないことを理解していただくためのアピールです。

075_20151109003303e62.jpg
























比較的手軽で効果的な利用方法は、キッチンキャビネットに敷き込むこと☆

一気に高級キッチンに早変わりです♪

スーパーウォール断熱パネル
039_20150621235540578.jpg
























天気は曇り・・・

昨日の暑さが厳しかったので丁度良いと言った感じ・・・

二階の壁パネルから設置します。

昼食休憩の時少しパラパラ来ましたが、特に影響はありませんでした♪

053_2015062200002264d.jpg


















屋根パネルの設置も難なく完了・・・

軒の出は1,000mmです!

屋根垂木は、39 X 89 の 2本抱き合わせをがっちり固定してバンバンです!

軒が深いっていいですね♪

通気を取って15mmの野地板を張ります・・・



外壁工事進行中!
014_20141124205433e5c.jpg


















スピンオフを塗った破風板、エステックウッドの軒天、サイディングの質を高めてくれます。

サイディングの上端はコーキングはしません・・・

板金見切りです。

本来、妻側の軒天との取り合いはコーキングをしなければいけないこととなっていますがそこは山下工務店!

問題なんてな~んもありません・・・

それにしても惚れ惚れしますこの軒天♪
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。