FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
樅の木のサンルーム
DSC_0320_R.jpg


























感覚的には「縁側」です。

リビングが少し暗くなることは否めませんが、樅の木の空間がとても明るいので調和がとれます。

DSC_0319_R.jpg


























窓は出来る限り高い位置に取り付けます。

DSC_0324_R.jpg


























DSC_0323_R.jpg


























棚の最住部は既存のエアコン配管スペースとなっています。

DSC_0325_R.jpg
















市販のSカンを利用して自由に使えます。

これだけのスペースの施工で既存スペースの生活臭に変化をもたらしたのは驚きでした!

やはり樅は只者ではないことが証明されました(^^)/





スポンサーサイト



樅の木のサンルーム
建物の南側にサンルームが欲しいとの要望がたまにあります。

全面ガラス張りのイメージです。

明るくて開放的な雰囲気ですが温熱環境は最悪です。

やってしまった人は後悔するばかりなのにこれからやろうとする人の夢は膨らむばかり…

中々意見を聞き入れてもらえません(T_T)


今回、樅の木のサンルームをご提案して採用が決定しました(^^♪

既存のバルコニーの下を利用した増築となります。

つづく



第三期樅の木改修 ビフォーアフター 其の一
167_R.jpg


























ご主人のプライベートルーム(^O^)

オーディオ機器を収納するための棚です・・・

165_R.jpg


























綺麗に片づけていただきましたので、イメージをお伝えしにくいですが、大きなスピーカーが鎮座します・・・

057_R.jpg


























天袋の建具は新設ですがその他は樅の木でカバーしました(^^)/

069_R.jpg

















フォレストタイルをふんだんに使わせていただき全く違った空間となりました!(^^)!

デザインだけでなく、機能的にも、樅の表面積が増えてあらゆる方面で良いことづくめとなること間違いなし☆

ビフォーアフター
昨年11月から12月に行ったマンション樅の木改修(^^)/

築35年のマンションが見事に変身!

マンション内でのお披露目会も開催いたしましたが驚きの声をたくさんいただきました(^^♪

DSC_1046_R.jpg


























20171221195426_IMG_3304_R.jpg


























DSC_1016_R.jpg



























20171221195636_IMG_3312_R.jpg



























DSC_1022_R.jpg
















20171221195928_IMG_3322_R.jpg



























DSC_1035_R.jpg



























20171221195203_IMG_3299_R.jpg



























DSC_0997_R.jpg



























20171221200615_IMG_3335_R.jpg

















マンションは元々暖かですが、樅の木との相性がとても良いようです(^^♪

床板が冷たくなりません!

床暖房しているかのようにほのかに温かさを感じられます(^O^)

湿度環境にも優れ、洗濯物も良く乾きます(^^♪

良いことづくめで怖いくらい(^^;)

全体的に明るくなりますし・・

樅の木最高です(^^)/


生活形態の変化に伴う住宅改修
DSC_0436.jpg















築9年目の樅の木の家・・・

建築時の家族構成は、父、母、子(未婚成人男子)の3人でした。

将来、ご子息が結婚された際、二世帯で生活できるように設計した建物(^O^)

今回の改修理由は、想定していた事柄とは異なる、やや複雑な心境が基となっています(・・?

ご子息は、東北の震災後ボランティアとして行動、その後現地のNPO法人に所属され仮設住宅住まいが続いていて戻る意思がないのだとか(◞‸◟)

一方、ご結婚されて外で生活されているご息女が、お孫さん3人を連れて遊びに来ることが多くなっているそうです(^^♪

キャットウォークが配置されている吹抜は、小さな子供達には、格好の興味対象でありながら危険いっぱい(-_-;)

安心してくつろげる空間を確保したいとの要望から、今回の計画を実行する運びとなりました(^O^)

DSC_0435.jpg















まず、全面キャットウォークの状態として、下から見上げた際の天井として、樅の木の作った下地板「フォレストベース」を敷設(^O^)

その後、床を構成していきます(^^)/~~~

つづく



Designed by aykm.