FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
鹿児島の黒酢
173.jpg














8月23日(土)

鹿児島最終日・・・

飛行機の予約は最終の19:30。

今回時間が許せば立ち寄りたい場所がありました・・・

写真の風景に見覚えのある方結構多いのでは???

マルサ工業の延雄専務の計らいで案内していただくことができました♪

「坂元醸造」・・・くろずを作っている会社です。

170_201408290633299d8.jpg
















169.jpg














「くろず情報館」なる立派な施設がありここに直売所があります。

DGHで調理をするようになってちょくちょく黒酢を使うのですが何せ高い・・・

鹿児島で買えば少しは安いのでは???

とのせこい考えで行ったのですが「えっー!」

横浜で買っている黒酢の倍以上します・・・

お店の方に伺うと丁寧に教えてくれました・・・

ざっくり説明すると坂元醸造では大きく4種類の黒酢が販売されています・・・

① くろず天寿 3年以上熟成 もろみの絞り汁を含む(720ml\4,800-)
② くろず薩摩 2年熟成         同上 (700ml\2,800-)
③ くろず    1年熟成         同上 (1,000ml\2,400-)
④ 鹿児島の黒酢 県外向け③の規格外 (500ml\980-)

違いを知り試飲をしたことで一応納得はしました。

①、②は飲用目的だそうで料理だったら③④で充分との説明でした・・・

価格が表示されていればつい「高い!」「安い♪」の評価をしてしまいますが価格の根拠を知れば決して高くはないむしろ安いというものが存在します・・・

自分はまだ黒酢初心者なので徐々に勉強しいずれ①の黒酢を使った料理に挑戦したいと思います!

閉店間際、面倒臭い客にも関わらず分かりやすいご説明で大変勉強になりました。ありがとうございました!

182.jpg














噴煙を上げる桜島を横目に空港に向かう途中「温泉に浸かろう!」という運びとなり一軒の温泉宿に立ち寄りました・・・

185.jpg














空港近くの「日当山温泉郷」の一軒・・・

地元の人に愛されているといった感じの温泉宿。

入浴料250円ってどうなんでしょう???

入湯税込みです。

タイムスリップした感じの設備にびっくりしますが趣のある良いお風呂でした♪



三日間大変有意義な時間を過ごせました。

関係者の皆さんに改めまして感謝の意を表します。ありがとうございました!



002_20140829085120c6b.jpg
























③のくろずを使ってさっそく料理に使ってみました・・・

003_201408290856036a3.jpg














黒酢入り麻婆・・・一味違う美味しさでした!?


スポンサーサイト
樅の製材所 前田産業(株)
104.jpg














8月23日(土)

宮崎県小林市にある樅の木専門の製材所前田産業さんに早朝からお邪魔させて頂きました。

写真は丸太のストックヤード・・・

沢山の丸太が寝かされています。

台風の影響などで自然乾燥が追い付かないためおのずと丸太の消費速度が落ちているようです・・・

とは言い皮つきの丸太を長く放置するとカビが付くので苦労が多い様です。

今入ってる丸太の平均の太さは中心部で600mmくらいだそうです。

推定樹齢150~200年くらいでしょうか・・・

トレーラーでの搬入光景を拝見させていただく予定だったのですが先方の都合で叶いませんでした・・・

前田社長、余計なご苦労をお掛けして申し訳ありませんでした。

108.jpg














挽かれた板の乾燥場・・・

建材に使われる板だけではなく様々な用途の板が干されています。

123_20140827063101621.jpg
























何度見ても圧巻!

板一枚一枚が手作業で扱われます・・・

「贅沢」「何のために」と思われる方も多いと思いますが本来全ての木材がこのような過程をたどるべきなのですがなされていないだけ・・・

効率を優先するがために本来の目的が見落とされている訳です。

古くは世界中に木材を研究する人がたくさんいたのだそうです・・・

木材の用途別適正などが樹種別に伝えられていて日常的に利用されていた様です。

石油製品の拡大とともに木材がプラスチックに変わり研究者の数も減ってしまったのだそうです。

残念なことに木材が使われていた本来の理由が継承されなくなってしまったのです。

とは言い全ての木材を自然乾燥させることは不可能・・・

私たちの考えとしては内装材として使用することが好ましいと考えます。

前田産業さんのような製材所は全国的にも珍しいと思われます。

この形態が持続することを切に願います。



宮崎の夜
103.jpg














8月22日(金)

樅の製材所、前田産業の前田社長に食事の席を設けていただきました・・・

前田社長のご子息の祐司専務とマルサ工業の延雄(のぶかつ)専務も一緒です。

宮崎市内の中央通り商店街にある「江戸銀」さん・・・お寿司屋さんです。

宮崎でわざわざ江戸を名乗るのにはそれなりの意味があるようです・・・

はっきりとした理由は伺ってはいませんが勝手にアナゴが美味そうと思いお願いしてみました・・・

ふっくらとした感じと甘ダレの相性がとても合っていて続けて食べたくなる感じ・・・

甘ダレは関東のように甘ったるいものとは別物でした!

ハリウッド俳優のデニス・ホッパー似の大将のギャグがとても愉快!

愉しい時間を過ごすことができました。

102_2014082608292920c.jpg
























珍しい焼酎「山ねこ(尾鈴山蒸留所)」にも出逢えて幸せいっぱい♪

写真に写っているアイスペールは樅の木で作られています。

氷が融けにくく表面に結露水が付きにくいので最高!と大将も絶賛していました♪

前田社長が出向いている先々には樅の木製品が必ず置かれています・・・

自社が樅の製材所なので当たり前のことですが嫌みのない実用的な営業がなされていることに脱帽です。

我々としても樅の効果、実用性を知ってくれる方が増えることは嬉しいところです。

明日は小林市の前田産業さんへお伺いします。

前田社長いつも本当にありがとうございます。

鹿児島で何を・・・
061_20140826060723141.jpg














8月22日(金)

鹿児島空港に近い姶良市にある新建設さんにお邪魔しました。

鹿児島へ行くと必ずと言ってよいほど寄らせていただいています。

樅の魅力を伝える術が素晴らしいので参考にさせていただいています・・・

何の変哲もないプラスチック製の子供のおもちゃ・・・

不思議なことに置かれた環境によってニオイが違います。

もちろん放たれるニオイは変わらないので感じ方が変わると言うことです・・・

同類が多い場所ではニオイを感じることが少なく、異質のものの中で際立って感じてしまう・・・

樅の木がある空間では化学製品のニオイが際立って感じられてしまうのです。

新建設さんに伺うとまず、通常の内装材で囲われた玄関ホールへ招き入れられます・・・

靴を脱ぎドアで隔てられた樅の木の部屋へ通されます・・・

しばしくつろぎ、再度通された玄関へ戻ると会社のニオイがします。

場面は違えど一般的に誰もが経験している現象です。

人間の身体には置かれた環境に対する順応性がありますから様々なものに馴れてしまう訳です・・・

それに気付かず物質を体内に取込み続けると大きな問題になりかねない・・・

怖いですね・・・

082_20140826060331a8e.jpg














明日、完成見学会を行うと言う会社近くにある建物を見学させていただきました。

二棟同時進行で建てたものですがどちらも注文住宅です。

084_20140826064128c64.jpg
























外観が同じような建物ですがアプローチは全く違っています・・・

071_201408260643135b9.jpg














完成までもう少しです・・・きっと素敵でしょうね。

079_2014082606452974d.jpg














見るだけでは納得しない我々はここでも座り込んで談議に花が咲きます・・・

新建設 竹下社長、お忙しい中本当にありがとうございました!

097_20140826064938944.jpg














もう一軒、伊佐市にある山口建築さんの建築現場にお邪魔しました・・・

094.jpg














とても研究熱心な社長さんで一現場ごとに取り組みに変化が見出される魅力ある会社です。

この現場では大きな荷重を受ける柱を直接基礎で受けると言う理にかなった伝統工法を現代風に再現していたのが印象的でした。

現場を見ると手間を惜しまず取り組んでいることが良くわかります。

099_20140826065918a25.jpg














現場近くにある隠れ家的な素適なカフェでコーヒーをご馳走になりました!

山口建築 山口社長、お忙しい中本当にありがとうございました。



この後、長野の住工房 K 笠原社長を鹿児島空港までお送りして宮崎へ向かいます・・・


Designed by aykm.