FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
エコキュートについて補足
エコキュートの仕組についてメーカーであるコロナ社に問い合わせたところ

ヒートポンプ内の仕組に関してはあまり細かな情報は公開していないようです。

ただ先日ご紹介したように圧縮した二酸化炭素を膨脹弁を通して-56℃となる設定ではなく

外気温-10℃になるように作られているそうです。

その後空気-冷媒熱交換器によって空気の熱を利用・・・

更に水-冷媒熱交換器で余った熱を利用する内部熱交換器で無駄なく熱を回収・・・

温まった液体の二酸化炭素をコンプレッサーで圧縮すると130℃の熱が生まれるそうです。

以上はコロナ社の仕組で当然ながらメーカーによっての違いはあるそうです・・・

内部熱交換器の存在は今回初めて知りました・・・

知っているつもりでも改めて見直してみると新しい発見があるものです。

大気の熱を利用・・・エコキュートの仕組
123.jpg












2002年に登場したエコキュート・・・

爆発的な普及率でそのポテンシャルが知られることとなりました。

しすし昨今のエネルギー問題で鎮静化・・・

久々の採用です。

そこでエコキュートの仕組についてのおさらいです・・・

「大気の熱でお湯が沸く・・・」

発売当初から分かりにくい説明がなされていました。

少し切口を変えてみましょう・・・

電気温水器は100パーセント電気の力でお湯をつくります。

今回使われていた460Lのタイプの消費電力は5.4kwでした。

147.jpg
























エコキュートはコンプレッサーが圧縮した二酸化炭素の熱でお湯を作ります。

このコンプレッサーを稼働させるために電気を使います。

今回設置した460Lタイプの消費電力は1.325kwです。

エコキュートを理解するには熱媒体として使われている二酸化炭素について知る必要があります・・・

その前に・・・

自然界では物体は圧縮すると高温になり膨脹すると低温になるという法則があります。

二酸化炭素を圧縮すると130℃もの高温になります。

この熱を給水される水と熱交換して90℃のお湯を作りだします。

この時の二酸化炭素は高圧の気体です。

この状態を膨脹(減圧)させると-56.6℃の液体になるそうです(余談ですが-79℃になるとドライアイスになるそうです)。

-56.6℃が大気熱を回収し再び気化します。

-25℃の激寒地でも使用できる機種があるのもこれほどの温度差があるから・・・

なんとなく分かっていただけたでしょうか?

後日補足説明しま~す。


電気温水器
022_20140423031940a2d.jpg
























25年使用してきた電気温水器・・・

現役で稼働しています。

今回浴室の改修を行うに当たり世代交代することとなりました。

電気温水器の長寿命は以前から耳にはしていましたが自分が施工に携わるのは初めてのことです。

電灯契約は「電化上手」を選ばれていますが電力メーターを見ると深夜電力のメーターも併設されています。

021_2014042303264494b.jpg
























エコキュートに入れ替えますので右二つのメーターは無くなることとなります・・・


お湯を沸かすエネルギーすべてを電力で賄う電気温水器に比べ、ヒートポンプを稼働させるエネルギーでお湯が作れてしまう技術はすごいと思います。

小さな力で大きな力を生み出す“テコ”とか“滑車”のような感じでしょうか・・・

設備費が大きい感じは受けますが対応年数を考えるとそうでもありません。

ヒートポンプの寿命はガス給湯器と同様ですがコストは2/3以下。

エコキュートが世に出て10年以上経ちタンクともども入替たと言う話も聞きます。

よくよく聞けばより高い性能を求めてだったりします・・・

どちらにせよ全ての物に寿命があります。

日々の生活が快適で安全なものを選びましょう!

エコキュートが「安全」と言い切れる訳ではないですが・・・


リフォーム用タンクレストイレ「リトイレ」 
042_201404102309507c3.jpg
























既設の排便管をいじらず便器の取り換えができます!

便器は機種によって排便管の位置が様々・・・

以前は便器の交換時に排便管の改修が必要でしたがその必要が無くなっています♪

もうかなり前からこの様な便器が市場に出ています。

今回のケースでは壁から510mmもあったため60mm手前に出しての取付けとなりましたがそれでも先端まで710mmで納まっていますのでタンク付便器と比較すると50mm引っ込んだことに成ります。

LIXIL INAX サティス S リトイレ・・・

洗浄水の量は5L。

現在市場に出ている便器の中で見ると驚くほどの節水型ではありませんが既存の物と比較すれば大抵は半分以下になるはずです。

便器に関しては「まだ使える!」は水の無駄遣いになります。

エアコンや冷蔵庫も同じことがいえるようですが個々の使用電力量が目に見えないのでいま一つピンときませんよね・・・

うちの冷蔵庫は18年目に突入しています・・・

ちょっとやばいでしょうか・・・

「まだ使える!」の気持ちよ~く分かります・・・



中華街で豪華フルコースランチ♪
弊社が取引させていただいている(株)美装さんが企画をされた

みなとみらい地区の住宅設備メーカー「TOTO」と「LIXIL」のショールーム見学ツアーのお誘いフレーズ・・・

まんまとのせられ夫婦二人でお世話になってきました♪

まずはランドマークタワー34階にある「TOTO」ショールーム・・・

004_201311282157221b4.jpg
























今年20周年を迎えたそうです。

会議室に来春の新製品のデモ製品が設置されていて、まずその説明を受けました。

一通りの話を伺いいよいよショールーム見学へ・・・

平日だと言うのにかなりのお客様でにぎわっていました。

TOTOで興味があったのが「ほうき水栓」。

吐水がブラシのようになされシンク内や食器の汚れを“掃く”ように流すと言うもの・・・

かなりの人気の様ですが、個人的には・・・

平面的な物の洗浄ならまだしもコップなどの洗浄では無駄な吐水となることもあるのでは・・・

システムバスのフワフワした柔らかい床も人気が高いようです・・・

お腹もすいてきていよいよ中華街へ♪

お店の名前は聞かされていなかったのですが“豪華”から連想すると・・・

DSC_0001.jpg
























「ビンゴ!」横浜に住みながら一度も足を踏み入れたことのない「聘珍樓」♪

飲み放題とのことでしたが残念ながら車で参加していたので中国茶で我慢・・・

飲茶がとてもおいしかった♪♪♪

お腹も満たされ眠くなってきたところで「LIXIL」ショールームへ・・・

005_201311282239105fb.jpg


















今年8月に増築されたキッチン展示部分を中心に見学してきましたが

日頃からリクシル製品を利用させていただいているので特に目新しさは感じられませんでした・・・

妻に意見を求めたところ「リクシルの方が印象が良い!」とのことでした。

一般的にお客様はどこのメーカーのどの商品が良いか、悪いか、なんて分かりませんよね・・・

私たちがおすすめした商品を選んでいただくことがほとんどだと思います。

そのためにも、日ごろからいろいろなメーカーの商品を知っておくことが大切だと感じています。

今日は大変良い勉強ができました!

美装さん、ありがとうございました。

Designed by aykm.