FC2ブログ

uncle momi's world “健康な住まい造りのために”

健康な住まい造りの会「樅の木の家」 山下工務店 山下幸一の日常
渋谷道玄坂「百軒店」
「百軒店」= ひゃっけんだな

渋谷区道玄坂二丁目の商店街をそう呼ぶのだそうです・・・

ここで店舗の改修工事中。

古いお付き合いをさせていただいています O 様のお店です。

店舗物件として改装済みでしたがカウンターとボトルラックの素材、形状が O 様の好みに合わず改修することとなりました。

001_20140305222841f06.jpg
























安価な集成カウンターに雑な塗装・・・ウレタンの臭いがプンプンしています。

今回使用する材は集成材ではありますが「ブラックウォールナット」。

本日その一部の設置が完了・・・

イメージが全く変わりました♪

無色の植物オイル拭きで仕上げています。

006_20140305223555076.jpg


















設置したカウンターから下の部分は物入れとなります。



寺家木工舎
知人が所属している木工教室の展示会を覗きに、

横浜市青葉区の寺家町(じけちょう)と言う町まで出かけてきました。

053_20131013220223c7c.jpg


















知人ののりさんと記念撮影。

のりさんの作品は、

001_20131013220342370.jpg


















寄木が素晴らしい作品です。

002_201310132205402d3.jpg


















この「カリン」どこかで見覚えが・・・

やはり、某樅の木の家の上り框の端材で、昨年提供させていただいたものでした。

嬉しい限りです!本当に綺麗な本カリンです。

011_20131013221026e75.jpg


















外では面白い体験コーナーが催されていました。

005_2013101322121262c.jpg


















銘木と言われる木材の破片を様々な形に木取りペンダントヘッドとして用意されていて

好みの物をサンドペーパーをつかって更にピカピカにしていくという体験をします。

子供たちにとって見たことも聞いたことも無いような木材に触れながらの作業は

とてもよい経験になったことと思います。

008_2013101322202944d.jpg
























のりさん本当にありがとうございましてた。

もみの木をステンドグラスで作ると・・・
027_201309072253023eb.jpg
























お客様の A 様は、ステンドグラスの先生。

12年前にスーパーウォールの家として建築させていただきましたが、

ご自身の作品であるステンドグラスを多数使用し

大変素晴らしい家となっています。

先日、設備の入替でお伺いした際に新しい作品として見せていただいたのが

「もみの木のスタンド」

勝手に名前を付けてしまいましたが・・・

もみの木と言えば緑色のガラスをイメージしますが

「雪を被ったもみの木ですね!」

すかさずそう言う言葉が出てしまうほど素晴らしい硝子が使われていました♪

〈うっ欲しい!〉

心の中の言葉です。

多分、「自分で作りなさい!」

そう言われると思ったので言えませんでした。

実は、自分もステンドグラスの経験がありまして・・・

過去4件ほどお客様のお宅に納めさせていただいております。

デジタルカメラの時代ではなかったので写真がどこにあるのか・・・

改めて撮ってきたら紹介します。

薔薇館
DSCF2255.jpg


















平成6年弊社にて建築させていただきました、S 様邸。

奥様がチカラを注いでおられる“園芸”が素晴らしく、庭造りでも

ご協力を続けさせていただいています。

草花は、全て種から育てており、その育成に関して毎年事細かくノートに書き留められています。

丹精込めて造られた草花の写真が何度となく専門誌に掲載されています。

極力建物に干渉しないようにお願いし続けていましたが、

数年前から薔薇の栽培にはまってしまい、建物に誘引したいとの相談を受けてしまいました。

熱意に負け、誘引のための針金を張る作業を引き受けるようになってしまいました。

しかし、ラスモルタルの壁ですので、定期的にメンテナンスが必要となります。

DVC00057.jpg


















昨年6月の写真ですが、違いが分かりますか?

奥様が、薔薇を愛するばかりに全面タイル貼りにしてしまいました。

薔薇の成長が止まる、12月から1月いっぱいまでとの条件で、平成23年11月末から

平成24年1月末までの2か月間で行いました。

DVC00041.jpg
























休眠中とは言っても、長年かけて成長した“つる”の処理が大変なんてもんじゃない!

とにかく“トゲ”が凄くて服の繊維が飛び出る飛び出る・・・

足場屋さんも本当に大変でした。

001_20130519003311.jpg

























そして昨日の様子です。奥様は、中庭の薔薇の手入れの真っ最中でした。

今年は気候がおかしく変に成長が進み花の重さに耐えられない枝が多いのだそうです。

例年だと来週末頃が見頃と聞いていたのですが、

今年は、もうピークを過ぎてしまったようです。

しかし、香りの強い品種からは、まだ良い香りを漂わせてくれていました。

写真では確認できませんが、ステンレスの針金が張り巡らされています!


Designed by aykm.